2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【宮里美香は、涙の優勝も「自分のゴルフが甘い」】
第4日 競技報告:三田村 昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
長い長い18ホールだった。宮里美香のゲームをこれだけ波乱万丈にしたきっかけは、スタート前の練習グリーンにあった。
「あれ?」と感じてしまった。「今日のグリーンは、重い」という感覚が宮里をずっと苦しめた。もともと宮里は感覚が鋭く、その感性をゴルフを組み立てる。その宮里が自分で「重い」と感じてしまったことが、まさか9番ホールまで苦しいゲーム展開をさせてしまうとは、当の宮里すら信じられなかっただろう。

1番でいきなり1.5メートルを外してボギー。3番で6メートルの距離を2メートルもショートして3パット。4番でも10メートルを2メートルもショートした。
「強く打ってないなぁ。スピードがつかめ
ないなぁ。どうしよう…」この不安定に揺らぐ気持ちが、宮里のゴルフに「変なプレッシャー」をかけたのである。
8番でまたボギー。2位との差は一気に縮まった。
「さすがに3番、8番のパー5でボギーを叩いたときには、気持ちが折れそうになりました」と言う。救われたのは、9番ホールだった。難しい9番でナイスパーとしたときに、ようやく「大丈夫だなと確信することができました。まだ9ホールある!」。
そして、なによりも大きかったのは11番のバーディである。545ヤード、パー5。残り124ヤードの第3打を9番アイアンで2メートルにつけ、それを沈めてバーディをとったことで、宮里は、本来の自分のゴルフに戻れたのである。

「9番でキャディの加藤(大幸)さんに、難しく感じるかも知れないけれど、楽しくやろうと言われたんです。私的には、そう考えていなかったけれど、客観的に見ればそう感じたのかも知れません」そんなやりとりのあとの11番のバーディだった。「前半、落ち着いてプレーできていなくて、11番のバーディでやっと落ち着いてできるようになりました」。
13番では1メートルを沈めてバーディ。ところが14、15番とボギーを叩く。この時点でプレーオフも視野に入れなくてはいけない展開になった。ピンチは続く。17番だ。グリーン右端から尾根越えの13メートルの距離を2メートル近くショートしてのパーパットを残した。
「いちばん緊張したパッティングでした」と宮里は言った。11番に次いで2度目のガッツポーズをした瞬間だった。

「18番は、自分にとってはチャンスだ」と思ったのは、11番のバーディのあと2ボギーをしていたころだった。案外冷静でいられたと彼女は振り返 る。最終18番、489ヤード、パー5。3打目は残り70ヤード、アゲンストだった。好きな距離のアプローチである。その得意なはずの距離を引っ掛け てピン奥6メートルのスライスラインを残してしまった。
これを外して2パットのパーでプレーオフ。3パットならば負ける。佐伯三貴はすでにプレーオフの準備を整えている。菊池絵里香もそれに加わる3人 のプレーオフの可能性があった。

スピードをどういう風につかむか。ラインをしっかりと読む。それを後半、何度も言い聞かせていた。ラインを見た。「するとラインは、よく見えていたんです。そしてここに打たなければ入らないという点も、キャディからも指示されましたし、自分でも解っていました」。
これを決めたら勝ちだな、と自分に言い聞かせたという。宮里の表現を借りると「タラタラタラタラのスライスライン。でも、ストロークはしっかり」 という状況だった。

それを入れる前、そしてボールがカップに沈んでガッツポーズしてからも「不思議な感覚でした」という。「(入った後の)達成感とウワーッという感じが入り雑じって、加藤キャディから「よく入れたね。やったやった」と言葉をかけられたときに、涙が溢れた。溢れ出る涙を宮里は思い切り手で拭った。宮里美香は、これで日本女子オープン2度目の優勝。複数回優勝者の9人目となった。
「いやー。凄くお騒がせした(ゲーム展開の)感じで…。 まあ自分のゴルフが甘いなという反省はあります」と締めくくった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約