2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【第1ラウンド・第2ラウンドの組合せが決定】
大会前 競技報告:JGA
2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権の開幕を2日後に控えた10月27日、本選手権第1ラウンド・第2ラウンドの組合せが決定いたしました。

第1ラウンドの組合せはこちらから

第2ラウンドの組合せはこちらから

本選手権の舞台となるのは宿泊型ゴルフリゾートとしても名高い三重県津市の「COCOPA RESORT」。本選手権では3つあるコースのうち、白山ヴィレッジゴルフコースの36ホールから18ホールが使用される。開場から25周年にあたる本年、同コースは本選手権の開催に向けて、改造を実施。ナショナルオープンの舞台にふさわしい態勢を整えて、レジェンドたちの挑戦を待っている。特に大会9番ホールは、273ヤード/361ヤードの2つのティーインググラウンドが設定され、1オンも狙えるチャレンジングなセッティングが施されているほか、最終18番ホールは、併設ホテルの際を狙ってティーショットを放てば、2オンも可能になるスリリングなプレーが期待される。

出場選手は、ディフェンディングチャンピオンで本選手権3勝目を連覇で狙う倉本昌弘、大会最多の5勝を数える青木功、3度の優勝を誇る中嶋常幸、還暦を迎えた現在でもレギュラーツアーとシニアツアーで活躍を続ける室田淳、現在のシニアツアー賞金ランキング1位の崎山武志ら108名が出場。これまで、11名の歴代優勝者を数えている本選手権。第25回大会で新たなチャンピオンが生まれるか。歴代優勝者がその優勝回数を増やすのか。72ホール・ストロークプレーの末に誰が18番グリーンで優勝杯をかかげるのか。
今年最後のナショナルオープンとなる日本シニアオープンゴルフ選手権にご期待ください。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約