2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【平石は3バーディ・ノーボギーのプレーに「パーフェクト」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
強風や突風に翻弄される選手たち。前半(10番スタート)で4バーディ・ノーボギーだった湯原信光も、後半になって翻弄されたという。「アゲインストだと思っていたら、いきなりフォロー。そこのボギーでリズムが崩れた」という始末だ。そんな中、平石武則は、ティーショットでフェアウェイを外したのが「ゼロです。全部フェアウェイキープしました」という。3バーディを奪ってノーボギーで、通算5アンダーパー。一気に2位グループに踊り出てきた。レギュラーツアー時代には、2001年久光製薬KBCオーガスタ優勝を始め、通算7勝を果たした後、シニア入りした。シニアデビュー年の2010年には、賞金ランキング13位。ところが、その
後、シニアツアーに顔を出さなくなった。

「実は、52歳のときから1年半、大山ゴルフ(鳥取県)の総支配人を任されてずっとネクタイを締めていたんですよ」と語る。取締役、総支配人、理事という立場で「いやー、支配人の仕事って、外から見ているよりもかなり大変なんですよ」という。ついに1年半が過ぎたあたりで「やっぱり試合で戦いたい」と辞意を伝えると、せめて理事と所属だけはという条件で、ようやく試合に復帰することになった。シニア選手にとっては、シニア入りの最初の50〜53歳までが、大きなピークになる。そこで好成績を上げて次のステップの準備をするわけだ。平石は、その最初のウェーブを逃していた。
「それでもいい経験になりました。誰に会っても、しっかりとお辞儀をすることを覚えましたしね(笑)」と語る。

その昔、高校球児(東洋大姫路)というと、かなりの飛ばし屋だと想像しがちだけれど、平石は逆に「飛ばないんですよ。平均で240〜250ヤードぐらいかな」という。思い切り振ったら? と聞くと「いやぁ、したことありません。うーん、練習場でなら、260ヤードぐらいかなぁ」と笑った。ともかく試合に出ることが大好きで、レギュラー時代から出られる試合は全部出るというタイプだ。

10番からスタートして、11番、2メートル。13番、8メートル。後半は、9番でバーディを奪って69。通算5アンダーパーとした。この日の9番は、ドライバブル(1オン可能なパー4)で、273ヤードのフォロー。狙いましたか? と尋ねると「とんでもない。グリーン手前。ピンまで20ヤードに置きました」そこからうまく寄せてのバーディだ。

苦しかったホールが、3番(パー3・219ヤード)だったという。ここで頭を使う。3番ウッドかドライバーかでしばし迷った挙句に、ドライバーを手にしてスライスボールを打ち、アプローチで3メートルに寄せてのナイスパーだった。
平石の戦略は、単純明快だ。「難しいほうに乗せない。手前から攻める。もちろんフェアウェイキープ」この簡単な戦略が、実は難しい。思い通りにいかないのがゴルフだからだ。そこを平石のゲームマネージメントとショットの引き出しの多さでカバーする。したがって今日のプレーは「パーフェクト」だったというのである。

平石は「ネクタイ生活の1年半」のブランクを喜々として取り戻したいという情熱を感じる。気がつけば、首位を走る加瀬秀樹と、1打差で第3ラウンドを迎える位置にいる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約