2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【ミゲル アンヘル マーティンが夫人をキャディーに単独4位】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
昨年に続いてスペインから出場しているミゲル アンヘル マーティンは、これまた2年連続で夫人をキャディーにしての二人三脚のラウンドを展開している。第1ラウンドは69と好スコアをマークしてのホールアウトだった。第2ラウンドは、2、3番を連続ボギーにする不穏な立ち上がりとなった。そこから6、9番の2バーディでスコアをスタート時点に戻すと、後半では2バーディ・1ボギーと逆にスコアを通算4アンダーパーに伸ばしてプレーを終えた。

「今日は、昨日に比べて良いプレーができず、タフな1日だった。出足につまずいて、その後もなかなかバーディチャンスを決められなかった。ワイフも
励ましてくれたけど、ちょっとイ
ラつかせる展開になっていた。でも、そこからスコアを伸ばせたし、最終ホールもバーディで締めくくれたから、自分もハッピーだし、ワイフの機嫌も直せたと思う」

実は親日家である。かつてはVISA太平洋マスターズやダンロップフェニックストーナメントなどにも出場した経験がある。飛ばし屋ではないが、ステディーなプレーで安定したスコアメイクには定評がある。「日本にくるたびに関係者やギャラリーのみなさんに親切に接していただいていることに感謝している。日本は好きなので、毎回来るのを楽しみにしています」
日本シニアオープンは、後半の戦いを迎えることになる。「ベストを尽くせばチャンスはある。第3ラウンドが終わってからインタビューしてくれたら、もっと面白い話ができると思います」

スペインからの二人三脚に注目していきたい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約