2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【平石武則が通算-8で2位タイグループに3打差をつけて初優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
加瀬秀樹、平石武則
2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権は31日、三重県津市のCOCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース・QUEENコースで第3ラウンドを行った。
通算6アンダーパーの単独首位でスタートした加瀬秀樹が2番から3連続ボギーを叩くなど序盤で失速するのを尻目にムービングサタデーと呼ばれるこの日、大きくスコアを伸ばしたのが1打差2位タイにつけていた平石武則。正確なティーショットが光る平石は、正前半で2つスコアを伸ばすと、後半も2バーディ・1ボギーにまとめ、69でホールアウト。通算8アンダーパーで単独首位に立ち、日本シニアオープン初優勝に王手をかけた。
3打差の2位タイグループには、1イーグル・5バーディ・1ボギーの66をマークしたシニアルーキーの米山剛、2009年大会優勝の渡辺司、ヨーロッパシニアツアー通算7勝のポール ウェセリンの3人。さらに1打差の通算4アンダーパー5位タイには本選手権2勝の室田淳らがつけ、逆転優勝を虎視眈々と狙っている。加瀬秀樹は、ティーショットが乱れ、2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの77と大きくスコアを落とし、通算1アンダーパーでシニアツアー賞金ランキングトップの崎山武志らとともに8位タイに後退した。

なお、本選手権第1ラウンドで失格者が出たため、成績を修正いたしました。
詳しくはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約