2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【失速の加瀬は「攻めていこうとしたけれど、空振りだった」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
ホールアウトして、スコアカード提出が終わると、顔をくしゃくしゃにした渋顔でハウスに戻ってきたのが、加瀬秀樹だった。「うーん。うまくいかないですねぇ。気持ちは、整っていたんですよ。でも、2番からいきなり3連続ボギーでしょう」と、振り返るのも辛いラウンドだったことが、その表情で見てとれた。なにをやっても、好転してくれない日もある。それが肝心のムービングサタデーで悪い方向に行ってしまった。「6番でバーディを奪っても、気持ち的に行ってはいけない。あそこはダメ、こっちもダメと、やっぱり過剰反応しちゃったんです。バーディのあと、とりあえず終わったことは忘れて、攻めていこうと気持ちをポイティブに向けたんです
けど、空振りでした」と語った。

7番から、ずっとスコアが動かない。そのときの葛藤が、動かないスコアに隠されている。13番でボギー。15番でもボギー。17番では、ダブルボギー。この日6オーバーパーのペースだった。明日につなげるためにも、最終ホールで、せめてバーディで締めくくりたい。という渾身のドライバーショットと第2打で2オン成功した。イーグルは叶わなかったものの、なんとかバーディとして、5オーバーパーに留め、通算1アンダーパー。首位と7打差で最終ラウンドを迎えることになる。「気を取り直します。悪い部分が全部でたんですから、明日こそ、ね!」と言った。日が暮れる直前の練習グリーン。最後に残った1人が、加瀬秀樹だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約