2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【室田淳はホールアウト後に練習グリーンへ直行】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
Yoshitaka Watanabe
通算4アンダーパー。首位に4打差でホールアウトした室田淳はスコアカードを提出するとパターとボールを手に練習グリーンへと足を運んだ。前半の9ホールは、4バーディ・1ボギーで33。一気に“本命がきた”という流れだった。このまま、さらにスコアを伸ばしていくのではないかと思われたが、後半はバーディチャンスを4回も逃して足踏み状態に陥ってしまった。
「理由はわからないけど、突然、タッチが合わなくなった。自分がおかしくなってしまったのじゃないか…って感じだった」

しかも、最終18番パー5ホールでは第1打を3番ウッドで打ちながら左サイドの深いラフに曲げた。ボールは、すっぽり埋まっていた。脱出はしたも
のの、第3打もラフから。ライの状況は、さらに過酷だった。ファーストカット部分からわずかにラフに転がり込んだのだが、ここが一番深くなっていた。第3打はグリーンをショートさせ、パターでのアプローチをピン奥1メートルに寄せたが、このパーパットをはずしてのボギーだった。
この上がりホールでのボギーが最後のダメージとなり、慌てて練習グリーンでのチェックと修正となったわけだ。

「最終ラウンドの追い上げ? そうねえ、ケガをしないようにやりますよ」
このそっけなさが、室田が負ったダメージの深さを物語っていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約