2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2位タイ浮上のウェセリンは「出だしの連続バーディで波に乗れた」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayshi
Yoshitaka Watanabe
ポール ウェセリンは、2013年の日本シニアオープンが、初出場。その後、日本シニアツアーに出場し、すっかり日本での生活にも慣れてしまった。欧州ツアーで戦い、シニア入りした選手だけれど、もともとは「会計士になろうと勉強していた」という変わり種だ。「会計士の勉強もしていたし、忙しい日々を過ごしていたからね。20歳を過ぎたころだったかなぁ。プロ転向を意識したのは…」プロ転向が23歳。でも、いわゆるアシスタントプロから、クラブプロとしての生活からだった。ウェセリンといえば、32.5インチという、いまでは短いシャフトのパターを20年以上使っていることだ。「中尺とか長尺とかは、僕には信じられないよ。僕は、
一度も使ったことがないさ。パターの長さは、股下にしっくりと収まりやすく、両腕をだらりと伸ばしたときに、スッと構えられる長さがいちばんいいと思っているんだから」と教えてもらったことがある。

通算1アンダーパーでスタートした第3ラウンド。2、3番とバーディを奪い、9番も獲って33で折り返す。13番でボギーとしたものの、その前の12番、そして18番をきっちりとバーディとして、68でホールアウト。通算5アンダーパーで、2位タイで最終ラウンドを迎える。
「出だしの3ホールで、2バーディが獲れて、その勢いで波に乗れたと思う。そのあとは、ともかくトラブルを避けながら、まずはパーを目指すゴルフで、チャンスがあれば、というプレースタイルに変えました。室田選手と一緒の組だったけど、いままで何度もラウンドしているし、彼と回ると、とてもリラックスできるんですよ。素晴らしい選手であり、紳士でもあるので、今日は非常に楽しくプレーできました」と室田との相性のいいところもアピールしていた。

今年で3度目の日本シニアオープンだが「この大会は、いつもフェアウェイが狭く、ラフが深いので、飛距離が出なくても真っ直ぐ打つのが得意な自分には、ホントにあっていると思っています。グリーンのコンデションは、最高! だからパッティングの調子がいいんですよ(笑)。まあ、こういう風は、イングランドで慣れっこですしね。もともと僕は、低い弾道ですから、十分対応できています」といい「3度目の正直で優勝を狙います」と宣言してくれた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約