2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2位タイの渡辺は「優勝の可能性に賭ける」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi
Yoshitaka Watanabe
試合後の練習グリーン。そこに渡辺司、清水洋一、崎山武志がたむろして練習していた。そこに米山剛がやってくると、3人が、拍手で迎えた。「ナイスラウンド!」と讃えながら、渡辺司が一言大きな声で言った。「もう、君の時代だよ!」と。米山は、照れ笑いした。そんな「君の時代だよ」と言った張本人は、おそらく内心「まだまだ負けられないよ」という響きがあったのだろうと思う。

首位を走る平石が、通算8アンダーパー。3打差で、その米山と渡辺がいる。明日は、米山とは直接対決ではないが、最終組とその前で戦うことになる。
渡辺のゲームを振り返ってもらおう。「スコアは、いくつで終わっても、明日には繋げられるんだよねぇ
。2ボギー、1ダボ……こんなゴルフをしていちゃダメだよね」もちろんバーディもある。2、9、10、18番と4つのバーディも獲っているけれど、本人が深く脳裏に刻まれてしまっているのが、2ボギー、1ダブルボギーなのである。

「15番ホールのダブルボギーは、セカンド失敗で、ラフ。それでラフからライが悪かったんだよ。ショートして、4打目をチャックリして……下手の極みだよね」と呟く。渾身のショットは、18番だった。「ドライバーでホテルの建物の1ヤードぐらい(横をかすめて)ギリギリだったね。でも、あれを打ってフェアウエイの真ん中だったから、あれを打てなきゃダメなんだよね」と解説してくれた。18番は、例えればセントアンドリュースのオールドコースの17番のように、ホテルの建造物の上を横切るようなティショットがベストルートになる。窓は、防弾ガラス。建物のあちらこちらにボールが当たった痕跡がある。この大会でも、何人かの選手がホテルにぶつけた。

「グリーンに対してのプレーに自信がなくなってセカンドは、なるべく距離を残したくないんだよ。グリーンは日に日に固くなっているしね……」と攻めの気持ちと自信の無さが、表れていた。
「でも……まあ……。良くも悪くもパープレーで回れているんだから、良しとしないといけないですね。明日? もちろん(優勝)チャンスはあると思います。ある以上は、トライしますよ。みんながどうにかしたいタイトルですから、可能性に賭けて、気持ちを全開してやりたいと思います」と、渡辺も気力は満々だった。まだシニア新人たちには、負けないぞ、という表情が、そこにあった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約