2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【平石武則は「滅多にないボードのてっぺんにある自分の名前を見て楽しい気分でプレーできました」】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
Yoshitaka Watanabe
3連続ボギーと失速する加瀬秀樹。連続バーディで勢いに乗る平石武則。最終組の両選手は対照的な流れとなり、序盤で立場が入れ替わっていた。第2ラウンドまでトーナメントリーダーだった加瀬に替わってトップに立ったのは平石だ。最終組でのプレーだからといって緊張することはなかったという。
「とにかくティーショットをフェアウェイにおくこと。そこからグリーンの端に立っているピンをどうやって攻めるか。あるいはピンを狙わずに安全策をとるべきなのか。状況に応じた最善の方法を選択する。その作業を楽しむこと。考えていたのは、それだけです」

さらに平石を楽しくさせてくれたのが、要所に設置されているスコアボードだった
。ボードが目に入る度に、一番上に自分の名前があることを確認し、ほおを緩める。
「お、まだてっぺんにあるな。まだ一番上だな…といった調子ですよ。何しろ、こんなことは滅多にないから、“写メ”で撮っておきたいぐらいでした」
平石が、最後にボードの最上位にある自分の名前を確認したのは2010年の『のじぎくオープン』という兵庫県の地区オープンだったという。プロアマ合同の競技会で、もちろんツアー競技でも、後援競技でもない東廣野GCを舞台にしたローカル競技ではあったが、この大会で平石は優勝している。それ以来のボードのてっぺんであった。

後半にターンして10番をボギーにしたものの続く11番で大きく右に切れる3メートルのバーディパットを沈め、さらに4番(パー4)では第2打を60センチにつけるスーパーショットで通算8アンダーパーまでスコアを伸ばした。平石の名前は、てっぺんからはずれることなく、そのままトーナメントリーダーとして第3ラウンドを終えることになった。最終ラウンドも、また最終組である。さて、今日と同じように楽しいラウンドにできるのだろうか。
「たぶん、大丈夫だと思う。緊張に襲われることはないよ。今日みたいなゴルフをやればいいんだから。といっても、明日起きたらどんな気持ちになっているのかわからないけどね…」

そうなったら、そうなったで、ドキドキしながらのゴルフをやっぱり楽しむつもりだという。ベテランらしく気負いは感じられなかった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約