2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【平石武則が通算-9で初優勝。大会12人目のチャンピオンが誕生】
第4日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
2015年度(第25回)日本シニアオープンゴルフ選手権は1日、三重県津市のCOCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース・QUEENコースで最終ラウンドを行った。
2位に3打のリードをとって最終ラウンドをスタートした平石武則は、前半1バーディ・1ボギーとスコアを伸ばせずにいると、4打差の5位タイにつけていた室田淳が4バーディを奪い平石を猛追。最終組で平石とともにプレーしている米山剛も3番ボギーの後に、6番から4連続バーディで平石との差を詰める。9番では渡辺司がイーグルを奪うなど、優勝争いは混迷を極めた。後半に入ると、平石が11番でバーディを決めて後続を突き放しにかかるも、渡
辺も2バーディ、米山も1つスコアを落としながら、必死に平石に食い下がる。こう着状態の中、平石は15番でチップイン・バーディを奪って一気に勝負の流れを掴むかと思われたが、16、17番で連続ボギーを喫し、勝負は最終ホールにもつれ込んだ。2打差で平石を追っていた渡辺がパーに終わり通算7アンダーパーでホールアウト。優勝争いは最終組の平石と米山に絞られた。その最終ホール。平石が2打目をレイアップしたのに対し、米山は果敢に2オンを狙って、ピン3.5メートルにつけてイーグルチャンスを迎える。しかし、ここで平石が得意のショートアイアンで、残り114ヤードをピッチングウェッジであわやチップインというスーパーショットを放ってみせた。米山がイーグルパットを外し、通算8アンダーパーで終えるのを見届けた平石が、ウィニングパットとなるバーディパットをタップインした瞬間、大会12人目のチャンピオンが誕生した。

本選手権初優勝の平石は苦しみながらもこの日4バーディ・3ボギーの71にスコアをまとめ、通算9アンダーパー。1打差2位は米山、さらに1打差の3位に渡辺、通算6アンダーパーの4位に室田淳が入賞した。

なお、最終ラウンドは5,182名のギャラリーが観戦。4日間合計で2002年大会の我孫子ゴルフ倶楽部の記録を更新し、過去最多となる13,849人のギャラリーがシニア日本一を決する本選手権に熱い声援を送った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約