2017年度(第82回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【池田は首位と3打差5位タイのスタートも「納得できない」】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
池田勇太の第1ラウンドのスタートは、午後組の最終組1つ前。12時12分だった。ちょうど17番のティーインググラウンドにやってきたころ、あたりは薄暮となってきた。18番でボギーを叩いて、4アンダーパーから3アンダーパーと後味の悪い締めくくりをした。やや憮然とした表情で囲み取材をした。きっと18番のボギーが原因か。「いや16番までは見えていたけどね。見えないんだもの。でも、それは仕方のないことだと思いますよ」と、どうやら憮然とした表情の原因は、最後のボギーではなさそうだった。

「今日(のラウンド)は、全然話にならない。もっと(バーディが)穫れたと思いますし、もっとフェアウエイ、セカンドをピン
につけられる状況にあったと思うし。自分のゴルフの内容が悪くないのに、イメージとつながらない」ことが原因だった。イーグルチャンスも2回あった。7番と15番のパー5だった。「いや、それはもうしょうがないと思いますけどね、最低限、バーディは獲れているので」という。

池田は、今年海外の試合で戦うチャンスを増やした。合わせて12試合出場している。もちろん全米オープン、全英オープン、全米プロのメジャーも含めての回数だ。率先して海外で戦って得たものは「ひとつは挫折ですよ。いい成績を残せていませんからね。でも、逆に学ぶことも多かったし、来年ももちろん挑戦したいと思っています。メジャーや米ツアーで戦って帰ってくると、日本のコースが易しく感じることも確か」だと言った。話を聞いているうちに、池田は内心、もっと大きなゴルフがしたいのかな、と思った。挫折から転じて、確かな目標が生まれることもある。そういう池田の、いま以上のゴルフへとスケール感を広げていくと「今日のゴルフの内容では、悪くないけど、納得できない」というコメントになるのだろう。

「まあ、でもまだ第1ラウンドですから」と言い残して立ち去った池田は、残り3日間でどんなゴルフを見せてくれるか、そこで真価が問われる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約