2017年度(第82回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【冷静で卓抜したマネジメントで小平智がトップタイ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
練習ラウンドでコースチェックした小平智が4日間の目標スコアとして設定したのは通算10アンダーパーだった。「そのスコアは、気象状況によっても修正しなければならないかもしれませんけど、優勝スコアもそのあたりになるのではないか、というのが練習ラウンドから割り出した数字です」。
目標は、もちろん2年ぶり2度目の優勝だ。チャンピオンズディナーでも、中嶋常幸や片山晋呉といった先輩プロから言われていた。「1回だけの優勝では、本当のチャンピオンとは認めない。2回以上勝って、やっと本物だからな」と。かつて、片山自身もそう言われて発奮材料にしたことがある。
「先輩方に認められたいですからね。2度目を意識してい
ます。幸い、ショット、パットともに好調です。しっかりマネジメントしていける状態だという自信もあります」。
小平は、第1ラウンドのスタート前にも、きっぱりと明言していた。バーディ合戦になるようなコースよりも、難しいといわれるコース、セッティングでのプレーが好きだという。「その中で、どれだけフェアウェイをとらえていけるか。どれだけパーオンさせられるか。さらにその中でいくつバーディを仕留められるか。ピンチも必ずある。そこで、どう対処してパーセーブできるか。そういうコースとの勝負が好きなんです」。

さて、第1ラウンド。小平は8バーディ・2ボギーの6アンダーパー、64でトップタイという絶好のスタートを切った。8バーディのほとんどは、1パットで決めやすい傾斜、ラインに止めて確実にカップインさせたものだし、ボギーにしたホール、パーで切り抜けたホールも、偶然の結果ではなく、そうなるべくしてなった“意味のある1打”毎の繋がりがもたらしたものだった。この点で、同組でラウンドした石川遼とは対照的なところがあった。攻撃的なゴルフを身上とする石川が、ところどころ、ちょっと無理なプレーをしてスコアを乱すシーンがあっただけに、小平の冷静で計算されたマネジメントゴルフは、余計に際立って見えた。ラフからのショットでも、ライによって、グリーンを狙えるか脱出を優先させて次のショットにかけるか。そうしたメリハリが随所にある第1ラウンドであった。好調なショット、パットがあるからこそできるマネジメントであるとすれば、石川には、まだその好調さは戻っていない。そう思わせる両者のプレーぶりでもあった。

「4日間の目標スコアからすれば、今日の6アンダーパーは、最高に近いと思います。でも、こういうコースでは、それ(6アンダーパー)掛ける4にはなりません。うまくいって、ゴールは倍の通算12アンダーパーでしょうし、もっと足踏みさせられることもあります。好スタートが切れたからといってイケイケになることなく、明日はまた、冷静に、しっかりしたマネジメントでホールを消化していきます。そうすれば自然に先頭でゴールインできると思います。コースに対してやるべきこと、やれることを選別して目の前の1打だけではなく、その先の数手まで考え、計算したゴルフ。それが、今の自分のプレースタイルだというふうに考えていますから、そこをぶらすことなく、やりつづけます」。

小平は、2年ぶり2度目の優勝へ、揺るぎない自信をのぞかせた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約