2021年度(第86回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【3番をダブルボギーとするも4位タイでホールアウトした亀代順哉】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:K.Aida
よくメジャー大会やナショナルオープンで「ボギーは、許そう。でも、ダブルボギーは致命的だ」という言葉を聞く。それだけ、ボギーとダブルボギーは、わずか1打の差であっても、精神的なダメージも含めて、1打の差では、終わらない何かがある。けれども、長いトーナメントの歴史の中では、初日、1番ホールでダブルボギースタートをした選手が、終わってみれば優勝ということだってある。72ホールのドラマの妙味なのだろう。

亀代順哉は、この日、35・31の66。5アンダーで第1ラウンドを終えた。出だし、1番でバーディ。その直後の3番、501ヤード、パー4で、なんとダブルボギーと叩いてしまった。このときの亀代の心情が
、興味深い。

「セカンドで右に曲げてしまって、それが木の根っこについて、グリーンに乗せれたけれど、3パットしました。(ダブルボギーにした3番は)もともと難しいホールなので、僕は、ボギーを打っても仕方ないと思っていましたし、おまけでダボを打っちゃったけど、あと(残り)ホールもまだまだあるし、うまく切り替えた結果、次のホールでバーディがとれたと、思います」と語った。ボギー覚悟のホール。そこで、たかが1つ、おまけだったという気持ちが、心穏やかなゲームの流れをつくってくれたということなのだろう。

「このコースは、僕にとっては、結構、ドライバーを振っていけるし、刻むホールもティショットは打ちやすくて、フェアウエイに置けたらチャンスを作れると思うので、結構好きなコースです」と前向きなコメントだ。

3番のダブルボギーを払拭するような4番のバーディ。6番、バーディ。9番、ボギー。豪快だったのは、後半だ。11番、そして15〜18番と4連続バーディ。この9ホールだけで5アンダーの31というスコアをマークした。15番、パー4では、50センチ。16番、パー5では、残り220ヤードを4番アイアンで10メートル弱につけての2パット、バーディ。17番、パー3は、200ヤードを7番アイアンで放ち、2メートル。沈めてバーディ。18番では、第2打を50センチに寄せてのバーディだった。

「フィーリングは、今週はずっとよくて、チャンスも多く作れていますし、手応えはあります。いまは上位に入って、そういう緊張感の中だったり、プレッシャーのかかる場面を多く増やして、それを経験して最終的には勝っていきたい」という亀代は、これからが旬な選手である。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約