2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【午前組がホールアウトして藤田寛之が-5で首位】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe/JGA
第32回日本シニアオープンゴルフ選手権第1ラウンド、午前スタートの組がホールアウトし、藤田寛之が5アンダーパーでトップに立っている。1打差の2位には田村尚之が続いている。引き続き,午後組がスタートしている。

この日は曇り、風が吹いているコンディションだったが、藤田は5バーディ・ノーボギーのスキを見せないプレーだった。「ティーショットがフェアウェイに行き、ラフに入ってもパーセーブできた」と安定したゴルフを展開した。「一番危なかったのは18番。ティーショットを左のラフに入れ、深くて出して、残り90ヤードを2,5メートルにつけて」パーセーブした。「あとは無難にグリーンに乗っていました」とピンチ
がほとんどなかった。「アンダーパーで回れればいいと思っていた。今日はパッティングも良かったし,バーディをとれた。貯金が出来ました」と納得の表情だった。「最近は貯金をすぐ使っちゃうので」と笑うが、「基本アンダーパーを目指して4日間やりたい」という。前日には「ナショナルオープンはすごい大きな勲章なので,手にしたい。すごく思いますね」とタイトルに向けて語っていただけに、好発進だ。

本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式ツィッターはこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら

●リアルタイムスコア速報や選手位置情報は、日本ゴルフ協会公式アプリでもご覧いただけます。
アプリストアで「日本オープンゴルフ」を検索の上、アプリをダウンロードしてお楽しみください。



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約