2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【阿原久夫が-7で首位発進。2打差で藤田寛之が追走】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe/K.Aida
2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権は15日、滋賀県甲賀市のタラオカントリークラブ 西コースで第1ラウンドを行った。晴天の中で開幕したこの日、昨年シニアデビューを果たした阿原久夫が1イーグル・7バーディ・2ボギーの7アンダーパーでホールアウトし、自身初となる単独首位スタートを決めた。
阿原は「今日はフェアウェイを一度も外さなかったですし、パターの調子も良かったです」と、ショットの好調さが功を奏した。
2打差の2位には現在シニアツアー賞金ランキング1位の藤田寛之、4アンダーパーの3位に田村尚之、さらに1打差の3アンダーパー4位タイに真板潔と山崎克彦の2名が並んでいる。

ディフェンディングチャンピオンの手嶋多一と2019年チャンピオンの谷口徹は1オーバーパーの33位タイと明日以降の巻き返しを狙う。

本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式ツィッターはこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約