2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【藤田寛之とP・マークセンの2人が通算-8で首位に並ぶ】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe/K.Aida
2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権第2ラウンドは16日、滋賀県甲賀市のタラオカントリークラブ・西コース(7,064ヤード・パー72)で125人(プロフェッショナル116人・アマチュア9人)の選手が出場して行われた。

朝から青空が広がったものの、風が吹き、難しいコンディションとなった。午前スタートのプラヤド・マークセン(タイ)がすでに通算8アンダーパーでホールアウトしていた状況。「今日の午後は明らかに風が強くて、すごく難易度が高かったですね」というように、午後スタートの方が難しいプレーを強いられたが、藤田は「ボギーの数よりバーディの数の方が多い方が理想だなと。まずはラフ
に入れず、寄らない所に外さず(笑)、安全に安全にという感じで」プレーした。その結果、4バーディ・1ボギーの3アンダーパーの69で回り、通算8アンダーパーでマークセンに並んだ。マークセンは「実力も経験もあってかなり強敵」という。それでも「ナショナルオープンはすごい大きな勲章なので、手にしたい」と語っていた藤田。簡単には引き下がれない。シニアゴルファー日本一を決めるにふさわしい戦いを期待したい。

なお、36ホールを終了して、通算6オーバーパー51位タイまでの62人が後半に進出。2008年、2014年の日本ミッドアマチュアゴルフ選手権チャンピオンの高橋雅也が最終ホールのバーディでただ一人、アマチュアでの後半進出を決めた。

本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式ツィッターはこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約