2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【見事な技と安定感を魅せて単独首位に立ったP・マークセン】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe/K.Aida
風の中での第3ラウンド。P・マークセンが最新の注意を払ったのはドライバーショットのコントロールだった。高い弾道になると、どこにどれだけ流されるかわからない。いつも以上にコンパクトな合うスウィングで低めの弾道で打ち出すこと。濡れた芝生でボールはそれほど転がらない。それを承知で、低く、キャリーを抑えたショットは、ほとんどラフにつかまることはなかった。最終組で戦った藤田寛之が舌を巻いていた。
「あのコントロールされたショットを見せられ続けたら、うまいなあ…と思わざるをえません。安定感抜群ですもん。だから気持ちでは負けないように粘るだけという展開にさせられました」

藤田に1打差をつけてのホール
アウト。マークセンは、「先週から復調した実感があり、自分のゴルフにはっきりとした手応えがある」という。自分のやりたいゴルフができているということであろう。風に流されない重く、低い弾道のショットでフェアウェイをヒットし続けるから、グリーンを狙うショットでも、「とにかくダウンヒルになるパッティングにならないように、しっかりと狙うエリアに止めていけるように計算した」ゴルフが組み立てられている。初出場から3連覇した時の強いマークセンに完全に戻っている。

最終ラウンドに向けてのコメントも「また、今日みたいなプレーをしていきたい」。今大会を終えると、翌日には名古屋からの空路でタイに戻る。母国に大きなお土産を持っていきそうな流れになっている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約