2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【P・マークセンが通算-12で本選手権4度目の優勝】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権は18日、滋賀県甲賀市のタラオカントリークラブ・西コースで最終ラウンドを行った。競技は8時30分に霧のため54分間の中断、さらに台風14号接近による強風など波乱含みな展開を予想させたが、プラヤド・マークセン(タイ)が難しいコンディションを物ともせず、4バーディ・2ボギーの2アンダーパーをマーク。通算12アンダーパーで日本シニアオープン4度目の優勝を果たした。2位の藤田寛之に1打差をつけてスタートしたマークセンは、前半は1つスコアを落としたものの、藤田も3ボギーと苦戦するのを後目に、10、11番と連続バーディを奪って、一気に5打差にリードを広げた。この時点では、楽勝かと思われたが、藤田も12、13番とバーディ、マークセンが14番ボギーで2打差にまで詰め寄られる場面もあったが、藤田の粘りもここまで。マークセンが16、18番とバーディを奪って、結局4打差をつけて4度目の優勝を決めた。ナショナルオープ初制覇を狙った藤田は通算8アンダーパーで2位。3位にはこの日4つスコアを伸ばした兼本貴司が入賞。2週連続優勝で本選手権初優勝の期待がかかった深堀圭一郎は、通算5アンダーパーで4位に終わった。アマチュアで唯一人後半のラウンドに進出した高橋雅也は通算13オーバーパーの48位タイで初のローアマチュアを獲得した。

本選手権最多優勝は、5回を誇る青木功。マークセンはそれに次ぐ2番目の4勝目となった。今シーズンはショットの調子がずっと良かったが、パッティングが決まらずに、ここまでは未勝利。新型コロナウイルスの影響で来日できなかった時期もあり、日本での勝利は2019年以来3年ぶりとなった。56歳。まだまだ強さは健在だった。

本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式ツィッターはこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約