2022年度(第32回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【2位に終わった藤田寛之は「ショットがダメだった…悔しいです」】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe/K.Aida
「うーん。悔しいですね」と藤田寛之は、唸った。終わって見れば、4打差。完敗だ。でも、チャンスは、いくつもあった。「そのチャンスをものにできなかったことの悔しさです。それもこれもショットが、やはり駄目でしたから、問題の根幹はそこにあると思います」と言う。ショットの不安定さは、ここ3年ぐらい続いている。それを修正しきれない何かがあるのだろうけれど、答えが見つからないまま3年が過ぎた。マークセンとの一騎打ち。1打差を追う形でスタートした。このコースでの1打差は、あってないのと同じだ。それほどコースは難しくセッティングしてあって、更に強い風、それも風が舞うことで、読みきれない状態。台風の影響でウエット
なコンディション。あらゆる条件が、過酷にしている。
2番、3番と藤田は、連続ボギーとした。通算7アンダーパーまで落とし、マークセンとの差が3ストローク。続く4番(パー5)でマークセンがボギー。2打差。そのまま8番までお互いにパープレーの状態が続いた。「前半は、安全運転でいったんです。チャンスがあれば、そのときに、と思っていたのですけど、そのチャンスがつかめない。ですから相手にプレッシャーをかけることもできませんでした」と言った。そして9番(パー3)。ティーイングエリアからグリーンは、右上サイドを頂点に、ほぼ45度の斜め角度に位置している。手前が池。右サイドにはバンカーが待ち構え、左サイドにもバンカー。風は、右から左。ときおり右から左に向かってフォロー風になる。藤田は、4番ユーティリティーで打った。「4番ユーティリティーで、風にぶつけてカットするボールを打とうとしたんですが、しっかり捕まってグリーンオーパーになりました」そのリカバリーもうまくいかずにボギー。このボギーが「余計でしたね」と言った。通算6アンダーパー。
折返した10、11番とマークセンは、連続バーディ。通算11アンダーパー。5ストロークまで差をつけられた。藤田にあとがない。12番(パー3)で藤田がバーディ。さらに13番(パー4)でもバーディ。3打差にした。マークセンが、14番でボギー。2打差。「ここでさらにプレッシャーをかけなければいけない流れで、それができませんでした。ショットでプレッシャーがかけられない自分が、もどかしかったです」と言った。藤田は、17番でボギー。18番でバーディとしこの日、73の1オーバーパーで終わった。
拾っていけるゴルフができなかったとも、藤田は語っていた。藤田本来の持ち味が、発揮できないまま、結果的に4打差の2位だった。「このショット(の不安定さ)のストレスをなんとかしないとですね」その問題が解決すれば、来年の世界のシニア・メジャーに気持ちよく挑戦できるはずだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約