JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
AOKI
AOKI
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
toto
ナショナルチームニュース
+ 【チーム最年少の湯原の活躍で2位に浮上した中部チーム】
[2017/10/25]
杉浦悠汰
青山晃大
高校3年生の青山晃大、高校1年生の杉浦悠汰、中学生の湯原光の3人でチームを編成し、本対抗戦に臨んだのは、中部チーム。第1ラウンドは4位タイながら首位の北海道と8打の大差をつけられ悔しい1日となってしまった。捲土重来を期してスタートした第2ラウンド。躍動したのは、チーム最年少の湯原だった。

湯原の最初のバーディは2ホール目の11番(パー3)161ヤードを6番アイアンで「軽くおさえた」ショットで4メートルにつけてスライスラインをねじ込んだ。13番では1メートルのパーパットを決めきれずボギーを叩くなど「ピンチはあった」前半を得意のショートゲームで凌ぎきり、パープレーにスコアをまとめて後半に入る
湯原 光


3番では165ヤードの2打目に5番アイアンを手にして、コントロールショットで「手応えがあった」とピンに絡めて5メートルにつけてバーディ。7番(パー5)は115ヤードのサードショットをピッチングウェッジで2.5メートルにつけてみせた。湯原は3バーディ・1ボギーの安定したプレーで第2ラウンドのベストスコアタイとなる2アンダーパーでホールアウト。「ドライバーショットは245ヤードぐらいで距離が出ないので、ショートゲームでゴルフを組み立てるのが自分のプレースタイル」という湯原の真骨頂が現れたプレーは見事に尽きる。目標にしている藤田寛之のように球筋を自由に操り、ショートゲームでスコアメイクする姿は、中学生らしからぬ空恐ろしささえ感じさせる。「明日も1打1打にしっかり集中して、アンダーパーでプレーしたい」という語り口も、プレー同様に頭の良さを感じさせる湯原。「自分が対抗戦のメンバーに選ばれたことには驚いています」と笑顔を見せた時だけは、中学生らしい幼さの残る表情を見せた。首位を走る北海道チームとは4打差。中部チームの逆転初優勝に中学生が台風の目になれるだろうか。明日の湯原のプレーに注目だ。

杉浦悠汰は、粘りのプレーが光る1日だった。16番(パー5)では、2オンを狙ったショットがグリーン右のバンカーのさらに右へのミス。アプローチは、「ベアグランドのような状態で、グリーンはピンまで下り傾斜」というボギーのピンチ。しかし、このアプローチをタップインの距離まで寄せたショートゲームの冴えでバーディにつなげてみせる。3番はティーショットを右の林に打ち込みボギーを喫したが、6番で150ヤードのセカンドショットを8番アイアンでピンを刺し、1,5メートルにつけてスコアをイーブンパーに戻してホールアウト。杉浦はチーム戦2位浮上に貢献したものの、「今日はアンダーパーを出せるプレーでした。アイアンの調子が良かったのに、パットを決めきれなくて…」と臍を噛む。昨年の対抗戦にも出場した杉浦は、7位に終わった悔しさを忘れていない。「この差なら優勝は狙えると思います。自分がアンダーパーを出して逆転して、リベンジしたい」その強い気持ちを現実のものとするためには、得意とするアイアンショットでバーディを量産することが必要不可欠。そのために「杉林で狭いこのコースはティーショットが鍵を握る」と逆転優勝へのキーポイントも掴んでいる。

チーム最年長の青山は、2日間チームに貢献できていない自分を「チームをまとめるとか…自分がスコアを出していないので、なにもしていないです」と苦笑い。第2ラウンドも16番でイーグルを奪いながら、その後は1バーディ・6ボギー・1ダブルボギーと乱調で「残り8ホールで6つスコアを落としてしまって…冷静にプレーができなかった」と自嘲気味に語る。しかし、「自分の調子は決して悪くはないです。アイアンもパッティングも調子は良いと思います」と手応えがないわけではない。「ただ…ティーショット。それだけでスコアが出せていない」とため息をつく。逆転優勝がかかる最終ラウンドは、「攻めつつ守りつつ。確実にアンダーパーでホールアウトできるようなプレーがしたい」と焦らず動じず、泰然自若に臨むつもりだ。そのプレーで、チームのキャプテンとしての存在感を示して欲しい。

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約