JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
AOKI
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
toto
ナショナルチームニュース
+ 【ボナラックトロフィー・ハンキンストロフィーはAPGC選抜の男女アベック優勝で閉幕】
[2018/03/12]
3月8日から3日間、カタールのドーハゴルフクラブで開催されたアジア太平洋(APGC)選抜とヨーロッパ選抜の対抗戦「ボナラックトロフィー」(男子)、「パッツィー・ハンキンストロフィー」(女子)が閉幕し、金谷拓実、大澤和也、西村優菜、佐渡山理莉が出場したAPGCチームが男女アベック優勝を果たしました。

男子の部成績はこちらから

女子の部成績はこちらから

「ボナラックトロフィー」にAPGC選抜の一員として出場した金谷拓実は、1日目午前のファオボールマッチでHillier,Danielと組んでヨーロッパ選抜と引き分けると、午後のフォアサムではGillberg,Oliver/Portillo,Angel Hidalgo組を4and2で下してチームに貢献。2日目には大澤和也選手がGo,Lloyd Jeffersonと組んで臨んだフォアボール・フォアサムで敗れたものの、金谷選手が午前のフォアボールで勝利を収めるなどチームに貢献。最終日のシングルスマッチプレーでは、金谷選手がClements,Toddに苦杯をなめましたが、大澤選手がJordan,Matthewを退ける殊勲を挙げて、APGC選抜が16.5ポイントを獲得。ヨーロッパ選抜に1ポイント差で勝利を収めました。
前回大会に続いてAPGC選抜の一員として本大会に臨んだ金谷は、「前回は完敗だったのでリベンジすると強い気持ちで臨みました。最終日のシングルスで負けてしまったのは残念でしたが、最後に大澤選手が勝ってくれてチーム優勝が決まりすごく良かったです。チームも前回大会よりもまとまっていて良い雰囲気でした」と雪辱を晴らして笑顔。
初出場でAPGC選抜の勝利に貢献した大澤も「最後は負けたら日本には帰れないという気持ちでした。途中2ダウンまでいったときには諦めかけましたが、後半になって金谷選手が応援に来てくれて、それまで入らなかったパットが決まりだし、逆転することが出来ました。でも、まさか自分の結果でチーム優勝が決まるなんて思っていなくて…逆に知っていたら恐ろしくて勝てなかったかも。とりあえず、今日は絶対に負けられないという気持ちでしたので、チームメイトから祝福されて本当に嬉しかった」と、喜びを語りました。

一方、「ハンキンストロフィー」は日本ペアでヨーロッパ選抜との対戦に臨んだ1日目。午前のフォアボールで西村/佐渡山ペアがLinner,Amanda/Fuller,Annabellを2and1で下すと、午後のフォアサムで引き分け。日本ペアの2人は2日目も2マッチで勝利する活躍を見せます。最終日のシングルスマッチプレーでは、西村がKinhult,Fridaに4and3で勝利、佐渡山は7and6の大差でFuller,Annabellに敗れてしまい明暗が別れましたが、APGC選抜は23.5ポイントを獲得し、ヨーロッパ選抜に15ポイントの大差をつけて、前回大会に続いての勝利を飾りました。
西村とのペアでAPG選抜の勝利に貢献した佐渡山は「自分は今日のシングルスマッチプレーで負けてしまいましたが、男女アベック優勝が出来て、とても嬉しいです。みんなとても明るくて本当にいい雰囲気で。素晴らしいチームに入れてもらって楽しかった。ジョーンズコーチも居てくれたので心強く、西村選手とのダブルスでは、彼女が堅実なプレーを見せてくれていたので、自分が積極的にいけました」とチーム一丸となっての勝利に表情を崩しました。
西村も「自分は5試合で一度しか負けずチームに貢献できて嬉しく思うし、充実感があります。今日も前半で立て続けにホールを獲られてしまいましたが、粘って勝つことが出来ました。今回のチームは、本当に楽しく、一体感を感じました。佐渡山選手とのペアでも彼女が攻めて、私が確実にプレーするという作戦が上手くいってよかった」とAPGC選抜の連覇、男女アベック優勝に喜びを爆発させました。

本大会に同行したガレス・ジョーンズヘッドコーチも日本選手の活躍に満足した様子で、「男女とも素晴らしいチームでした。特に男子は2004年大会以来の勝利ということで、本当に最後までよく頑張ったと思います。選手たちには、ダブルスで自分がミスしても絶対に謝らないこと、前を向いて次のことを考えようと伝えました。日本の選手たちも頑張ってくれて、私も嬉しいです。彼らもまた一つ成長したと思います」と選手たちの頼もしい姿に視線を送っていました。

本大会は、ゴルフを通じてアジア太平洋地区とヨーロッパ地区の友好を深めるために創設された対抗戦で、各チーム男女12名でチームを編成し、1日目と2日目にフォアボール・フォアサム、3日目に全選手によるシングルスマッチプレーで行われる競技。各マッチの勝者に1ポイント、引き分けに0.5ポイントが与えられ、3日間の合計獲得ポイントで優勝を争います。

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約