JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
AOKI
AOKI
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
toto
ナショナルチームニュース
+ 【アジア競技大会 第3ラウンド、男子は20年振りの団体金メダルへ王手、女子は4位に後退】
[2018/08/25]
第18回アジア競技大会(2018 /ジャカルタ・パレンバン)ゴルフ競技は、25日に第3ラウンドが行われた。
首位でスタートした、日本男子チームは、今野大喜が6バーディ、3ボギーの3アンダーパー^、69で回りチームに貢献。。個人通算7アンダーパーで個人4位タイとメダル獲得が射程圏内になった。個人トップでスタートした中島啓太は、この日も5バーディ、3ボギーの2アンダーパー、70とスコアを伸ばし、2位に3打差の1位を堅守。金谷拓実は、1オーバーパー73、米澤蓮も2オーバーパーと共にオーバーパーでホールアウト。日本はこの日、4つスコアを伸ばし通算22アンダーパーで2位の韓国に5打差に迫られるも1位をキープ。 1984年バンコク大会以来、20年振り4回目の団体金メダルに王手をかけた。

一方首位の中国に5打差の2位でスタートした女子チーム。昨日までチームを牽引した古江彩佳がボギーが先行する苦しいプレーで、4バーディ、6ボギーの2オーバーパー74と振るわず、個人順位も6位に後退。佐渡山莉里が1オーバーパーの73、小倉彩愛は5オーバーパーの77でホールアウト。女子チームは、通算チームトータル7アンダーバーでメダル圏内の3位のフィリピンに3打差の4位に後退。トップは中国が19アンダーで7打差の2位に韓国が続く。

女子チームは、明日2006年のカタール大会以来のメダル獲得を目指す。

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約