JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【第3回日本・韓国親善ゴルフチーム対抗戦第1日が終了。韓国チームが1ポイントリード】
[2019/07/25]
桂川有人・小倉彩愛
中島啓太・神谷そら
2019年度(第3回)日本・韓国親善ゴルフチーム対抗戦は25日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブで第1日の競技が行われ、韓国チームが4.5ポイントを上げ、日本チームに1ポイントのリードを奪い、第1回大会以来の優勝に王手をかけた。

第1日の成績はこちらから(PDF)

第2日の組合せはこちらから(PDF)

第1日の競技は、午前にフォアサム・マッチプレー、午後に男女混合フォアサム・マッチプレーの8マッチを実施。午前は、中島啓太と桂川有人、米澤蓮と久常涼の男子チームが一度も韓国チームにリードを許さない万全なプレーで勝利を飾ったものの、後藤未有と梶谷翼、小倉彩愛と神谷そらの女子チームが惜
久常涼・後藤未有
米澤蓮・梶谷翼
敗し、両チームとも2ポイントを獲得して、同点で午後の男女混合フォアサム・マッチプレーを迎えた。

通算5マッチ目となる米澤・梶谷は序盤リードを奪ったものの中盤に韓国に逆転を許す。6マッチ目の久常・後藤は1度もリードを奪うことが出来ず、とともに2and1で敗れて、韓国チームに2ポイントのリードを奪われる。7マッチ目の中島と神谷は、9番を終えて3downと劣勢を強いられたが、後半粘りのプレーで韓国チームに追いすがり、オールスクウェアでホールアウト。桂川と小倉の最終8組のマッチは、一進一退の攻防でオールスクウェアで迎えた最終ホールを日本チームが獲り、1upで勝利。午後のマッチは、2勝1分けの韓国チームが2.5ポイント、日本チームは1.5ポイントを獲得した。
明日の最終ラウンドは、全選手による18ホール・マッチプレー。1ポイント差を追う日本チームは逆転での連覇を狙う。

JGA公式フェイスブックはこちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約