JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【2019年度(第3回)日本・韓国親善ゴルフチーム対抗戦 韓国チームが前回大会の雪辱を果たし2大会ぶりの優勝を飾る】
[2019/07/26]
「2019年度(第3回)日本・韓国親善ゴルフチーム対抗戦」は26日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブで第2日のシングルス・マッチプレーが行われた。1ポイントのリードを許してスタートした日本チーム。気温30度を超える熱暑の中、大会連覇を目指して全選手が懸命なプレーを見せたが、2勝5敗1分けの2.5ポイントの獲得にとどまり、通算6ポイントで競技を終えた。韓国チームは第2日のシングルス・マッチプレーで5.5ポイントを獲得。通算10ポイントで日本チームに4ポイントの大差をつけて、第1回大会以来、2度目の優勝を飾った。

最終成績はこちら から(PDF)

日本チームの先陣を切った後藤未有は、1d
ownで迎えた最終ホールでバーディを決めてオールスクウェアに持ち込む粘りのプレーでチームを鼓舞する。中島啓太は3downから終盤2ホールを奪い返す粘りを見せたが、1downで惜敗。神谷そらは16番で追いつくと17番も相手のボギーでリードを奪い、日本チーム最初の勝利を飾る。続く桂川有人、梶谷翼は韓国チームに敗れて。日本チームの劣勢が続いた。久常涼は、5番から4ホール連続でダッシュするなど2and1で勝利を収めたが、小倉彩愛が1down、米澤蓮も16番でオールスクウェアに持ち込み最終ホールまで粘りを見せたが、ボギーフィニッシュで終戦となった。

JGA公式フェイスブックはこちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約