JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【最終日 女子チームコメント】
[2019/07/26]
神谷そら
梶谷翼
神谷そら
「バーディを取っても引き分けのホールが4つくらいあったので、疲れました。必死でしたね。(勝負が決まる)最後のパットは、結構痺れました。でも、外れてもオールスクウェアなので、それなら攻めて外れた方が最後まで攻め続けたと思えるので、強めに真っ直ぐ打ちました。ペアマットの時は助けてもらったけれど、いろんな技も見られて、今日は昨日学んだことを少しでも活かしたいと思っていました。それが1番のティーショットからの攻めのゴルフに繋がったと思います。この2日間はものすごく自信にもなったし、今後につながると思っています」

後藤未有
「今日は、韓国のナショナルチームの中でもレベルの高い相手で、
後藤未有
小倉彩愛
パッティングも上手でどこからでもパーを拾ってくるし、バーディも取ってきました。私もノーボギーだったんですけど、全然ついていくことが出来なかった。チャンスにつけながらも取れなかったので、パッティングが入っていれば勝てたのになと思いました。ペアマッチは自分のプレーがいいだけじゃ勝てない難しさも感じました。結果は負けてしまったんですけど、協力し合って楽しかったし、いい収穫も出来て良かったと思います。2日目はしっかり課題も見つかったので、またマッチすることがあれば、次は今回の経験を生かしたいと思います」

小倉彩愛
「今日の自分のゴルフは、そこまで悪く有りませんでしたが、相手があまりにもパターを入れてきたので、バーディを取っても向こうがバーディだったり、厳しかったです。負けはいけないなと思っていましたが、運もなかったかなと思います。2日間楽しかったし、色んな人のプレーも見られたし、思い出に残る試合でした。これまでマッチプレーは苦手意識があったのですけど、今日はマッチを意識せずにプレーが出来たし、いいプレーも出来たので、どんな場面でも自分との戦いなんだという事を改めて思う事が出来るようになりました」

梶谷 翼
「今日は前半の7番くらいまで2アップで来ていたのですが、苦手な後半に入ってからズルズルと行ってしまいました。パッティングのタッチについては、今日は合っていたんですけど、カップに入らなかったです。チーム戦は、ペアでやっている時は考えていたんですが、シングルスの時はあまり考えてなかったです。ただ、ペアの時は楽しかったです」


ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約