JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
TANAKAホールディングス
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【アジアパシフィックアマチュア 金谷が追い上げを見せるも連覇を逃す】
[2019/09/30]
プレーオフでバーディパットを決めた金谷
健闘を讃えあう金谷とLin
2度目の優勝の中国のLin
「第11回アジアパシフィックアマチュア選手権」が、中国の上海に位置するSheshan International Golf Club(パー72、7041ヤード)にて、9月26日~29日に開催された。

昨年の優勝者であり、世界アマチュアゴルフランキング1位の金谷拓実選手が、2017年の優勝者、中国のYuxin Lin選手とトータル10アンダーにて、18番ホールでのプレーオフの末、惜しくも連覇を逃した。

最終日、最終組に米澤蓮選手と桂川有人選手が入り、金谷が首位に1打差の1つ前の組でスタートした。優勝したLinも、首位に2打差の2組前でスタートし、3打差の中に10名が入る混戦となった本大会。

初出場で初優勝を目指した米澤と桂川が苦戦する中、金谷が14番のパー5、4打目のアプローチをねじ込みバーディ。16番もバーディにして、前半で4アンダーと伸ばして首位に立っていたLinに忍び寄った。Linは、苦手とする18番のパー5にて、2打目をバンカーから池に入れてしまいボギー。その後の組で回る金谷は18番をパーとして、10アンダーで首位タイとなった。

18番の繰り返しとなった金谷とLinのプレーオフ。お互いに3打目でグリーンに乗せ、金谷は5m程度のバーディパット。Linは3mバーディパットを決め、過去の優勝者どうしの激しい戦いを見せた。
2度目の18番では、Linは会心のドライバーショットを打ち、2打でグリーンを狙ったが、グリーン左のバンカーへ。金谷は3打でグリーンを捉えたが長いバーディパットを残した。奥には池がありオーバーすると下りのスロープがある緊張感の高まるバンカーショット。Linは見事に1mへつけ、金谷にプレッシャーをかけた。続く金谷のパットは惜しくもカップを外れ、Linが冷静にウイニングパットを決めバーディ。2度目の栄冠を掴んだ。

42の国と地域から120名の選手が参加した今年の大会。日本から出場した金谷を筆頭に、トップ10に、米澤、桂川を含む3人が入り、日本人が活躍した。中島啓太選手、吉原英駿選手、青島賢吾選手も、最後まで実力を発揮しようと果敢に挑戦した。

2020年は、10月末にオーストラリアのロイヤルメルボルン・ゴルフクラブにて、2度目の開催となる。

関連ウエブサイト
大会公式サイトは、こちら
開催コースは、こちら
世界アマチュアゴルフランキングは、こちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約