JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
TANAKAホールディングス
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【2019年度(第5回)8地区強化指定選手チーム対抗戦(女子)第2日が終了。関東チームが首位に浮上】
[2019/10/23]
六車(関東)
森(中国)
岡田(関西)
2019年度(第5回)8地区強化指定選手チーム対抗戦(女子)は23日、宮崎県宮崎市のトム・ワトソンゴルフコースで第2日の競技を行った。首位スタートの中国チーム(森愉生、尾関彩美悠、桑木志保)は、森が69と気を吐いたが、昨日活躍した尾関が73とスコアを伸ばせず、チーム通算280ストロークで2位に後退。変わって首位を奪ったのは、1打差で追走していた関東チーム(岩井千怜、佐久間朱莉、六車日那乃)。第1日にチームを牽引した佐久間が74と不採用スコアに終わったものの、岩井が2バーディ・2ボギーの安定したプレーを見せてパープレーでホールアウト。さらに今年の関東ジュニアを制した六車日那乃が奮起。10番ホールからスタートした六車は、前半3ボギーを叩いてスコアを落としたが、18番に続き、1番の連続バーディで息を吹き返すと、3番から5連続バーディの会心のプレーで後半30と見事なカムバック。結局、この日の六車は7バーディ・3ボギーの68をマーク。終わってみれば関東チームがこの日チームスコアを4つ伸ばし、通算279ストロークで首位に浮上した。2位の中国チームに4打差の3位にこの日ベストスコアの67をマークした岡田樹花を擁する関西チーム(岡田樹花、仁井優花、橋本美月)が後を追う。
なお、個人戦は、六車と昨年の日本ジュニア女子12~14歳の部チャンピオンの森愉生が通算139ストロークで首位を並走している。

第2日の成績(チーム)はこちらから(PDF)

第2日の成績(個人)はこちらから(PDF)

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約