JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
asics
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
関電工
TANAKAホールディングス
JGA National Team
Supporting Company
AOKI
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
ナショナルチームニュース
+ 【2019年度(第5回)8地区強化指定選手チーム対抗戦(女子)が終了。関東チームが通算428ストロークで優勝を果たす】
[2019/10/24]
宮崎県宮崎市のトム・ワトソンゴルフコースが舞台となった2019年度(第5回)8地区強化指定選手チーム対抗戦(女子)は24日、風雨の中で最終ラウンドを行った。

途中、競技中断も危惧される厳しいコンディションの中で行われたこの日のプレー。各地区代表選手たちは、悪条件の中で地区代表のプライドを賭けて必死のプレーを見せた。27名の選手全員がオーバーパーという苦しい1日の中で光ったのは、関東チーム(岩井千怜、佐久間朱莉、六車日那乃)。個人戦首位に立っていた六車は、10番ホールからのスタート。

13番でバーディを先行させると、15番ボギーも16番でバウンスバックを決める。17、18番で連続ボギ
ーを喫したが、前半を1オーバーパーで凌ぐと、1番でバーディ。3番ボギーの後は、スコアカード通りのプレーで後半をパープレーでまとめ、この日3バーディ・4ボギーの73。佐久間も4オーバーパーにスコアをまとめ、岩井の77が不採用スコアとなった。この日の関東チームは149ストロークでプレーを終え、通算428ストローク。2位の中国チーム(森愉生、尾関彩美悠、桑木志保)を1打差で振り切り、優勝を飾った。なお、六車は個人戦も制し、チーム優勝に華を添えた。3位は通算432ストロークで関西チーム(岡田樹花、仁井優花、橋本美月)が入賞となった。

最終成績(チーム)はこちらから(PDF)

最終成績(個人)はこちらから(PDF)

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約