日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
2013年大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Champions
歴代優勝者
日本ゴルフ界の足跡を刻む栄光の歴史
六甲山麓に日本で初めてのゴルフコースが造られたのは1901年、ちょうど20世紀始まりの年だった。
その2年後に神戸GCが組織され、ゴルフの輪はゆっくりと、そして着実に日本全国へと広がっていった。
そして1927年に、第1回日本オープンゴルフが開催された。
以来、連綿とつづられた足跡は、今年で79回目に至った。
第78回(2013年)~第42回(1977年)第41回(1976年)~第1回(1927年) @:アマチュア ※:プレーオフ
2013 第78回大会
小林 正則
Masanori Kobayashi
67のベストスコアをマークした小林正則が
通算-10で逆転初優勝を果たす
10/17~21
茨城ゴルフ倶楽部(東)
参加人数/108名(アマ10名)
優勝 小林 正則 69-69-69-67=274
2 小田 孔明 69-68-67-73=277
3T J・パグンサン 71-69-71-68=279
3T 金 亨成 66-72-72-69=279
3T 片山 晋呉 66-71-72-70=279
3T 金 庚泰 69-69-71-70=279
7T 薗田 峻輔 68-70-72-70=280
7T 星野 英正 70-69-70-71=280
7T S・ストレンジ 73-68-67-72=280
ローアマ 小浦 和也 71-71-72-73=287
 
 
2012 第77回大会
久保谷 健一
Kenichi Kuboya
久保谷健一が通算+8で
逆転初優勝
10/11~14
那覇ゴルフ倶楽部
参加人数/114名(アマ15名)
優勝 久保谷 健一 74-73-75-70=292
2 J・パグンサン 76-72-70-75=293
3 平塚 哲二 73-70-73-78=294
4T 呉 阿順 75-73-78-70=296
4T 金 度勲 78-73-72-73=296
4T 宮里 優作 78-69-72-77=296
7T 松山 英樹 78-75-74-70=297
7T 宮里 聖志 78-72-75-72=297
7T I・J・ジャン 74-75-75-73=297
ローアマ 松山 英樹 78-75-74-70=297
 
 
2011 第76回大会
裵 相文
Sang-Moon Bae
裵相文が久保谷健一をプレーオフで下して
初戴冠を果たす
10/13~16
鷹之台カンツリー倶楽部
参加人数/108名(アマ19名)
優勝 裵 相文※ 69-74-68-71=282
2 久保谷 健一 69-71-72-70=282
3T 佐藤 信人 70-69-68-76=283
3T N・ベーシック 69-68-72-75=284
3T 手嶋 多一 69-71-72-73=285
6 小田 龍一 72-74-74-66=286
7 P・シーハン 72-70-74-70=286
8T   河瀬 賢史 69-69-76-72=286
8T   C・プラポール 75-73-70-69=287
8T   裵 相文 70-69-72-70=281
8T   石川 遼 68-70-70-73=281
ローアマ 洪 健堯 71-71-74-72=288
2010 第75回大会
金 庚泰
Kyung-Tae Kim
64のコースレコードをマークした金庚泰が
通算-13で逆転初優勝を飾る
10/14~17
愛知カンツリークラブ
参加人数/121名(アマ20名)
優勝 金 庚泰 69-70-68-64=271
2 藤田 寛之 66-67-70-70=273
3T H・リー 65-68-72-69=274
3T 松山 英樹 68-67-71-68=274
3T 武藤 俊憲 69-67-68-70=274
6 高山 忠洋 74-69-68-68=279
7 松村 道央 70-71-71-68=280
8T   薗田 峻輔 72-72-71-66=281
8T   C・キャンベル 67-72-73-69=281
8T   裵 相文 70-69-72-70=281
8T   石川 遼 68-70-70-73=281
ローアマ 松山 英樹 68-67-71-68=274
2009 第74回大会
小田 龍一
Ryuichi Oda
石川と今野との激闘を制した小田龍一が
初優勝を果たす
10/15~18
武蔵カントリークラブ(豊岡)
参加人数/120名(アマ21名)
優勝 小田 龍一※ 74-70-71-67=282
2 石川 遼 70-76-65-71=282
3 今野 康晴 73-69-70-70=282
4 藤田 寛之 69-72-75-69=285
5 宮瀬 博文 72-70-74-69=285
6T 久保谷 健一 70-75-73-69=287
6T 甲斐 慎太郎 72-74-72-69=287
6T   星野 英正 72-75-66-74=287
6T   D・スメイル 71-71-72-73=287
ローアマ 藤本 佳則 74-72-73-75=294
 
 
2008 第73回大会
片山 晋呉
Shingo Katayama
片山が日本オープン3年ぶりの優勝で通算25勝、
史上7人目の永久シード権を獲得
10/11~14
古賀ゴルフ・クラブ
参加人数/120名(アマ16名)
優勝 片山 晋呉 68-72-72-71=283
2 石川 遼 70-72-76-69=287
3 B.ジョーンズ 68-73-76-71=288
4 ドンファン 72-71-77-71=291
5 上井 邦浩 71-72-73-76=292
6T ハン リー 74-74-71-75=294
6T 手嶋 多一 76-72-75-72=295
ローアマ 大田和 桂介 77-78-81-78=314
 
 
 
 
2007 第72回大会
谷口 徹
Toru Taniguchi
谷口徹が猛烈なラストスパート
6アンダーパー66で逆転優勝
10/11~14
相模原ゴルフクラブ(東)
参加人数/120名(アマ18名)
優勝 谷口 徹 75-70-72-66=283
2 片山 晋呉 70-71-72-72=285
3 深堀 圭一郎 70-74-71-71=286
4 藤田 寛之 75-71-71-70=287
5 横尾 要 68-71-76-74=289
6T S.マークセン 77-72-73-68=290
6T D.スメイル 75-70-75-70=290
8   小田 孔明 71-71-69-80=291
ローアマ 池田 勇太 71-75-77-73=296
 
2006 第71回大会
Paul Sheehan
ポール・シーハン
冷静沈着なゴルフを見せたシーハン、
日本オープン初制覇
10/12~15
霞ヶ関カンツリー倶楽部(西)
参加人数/120名(アマ19名)
優勝 P・シーハン 68-70-68-71=277
2 矢野 東 69-74-66-71=280
3T 宮本 勝昌 75-71-66-69=281
3T 谷口 拓也 71-69-68-73=281
5T 葉 偉志 70-70-73-69=282
5T S・K・ホ 71-71-70-70=282
5T 富田 雅哉 71-72-67-72=282
5T   岩田 寛 71-67-71-73=282
5T   片山 晋呉 67-69-71-75=282
ローアマ W.J.リー 70-67-72-77=286
2005 第70回大会
片山 晋呉
Shingo Katayama
38年振り開催の廣野ゴルフ倶楽部が舞台、
片山が涙の逆転初優勝
10/13~16
廣野ゴルフ倶楽部
参加人数/132名(アマ21名)
優勝 片山晋呉 71-73-70-68=282
2T C.パリー 73-72-67-72=284
2T 川岸良兼 72-66-72-74=284
4T 深堀圭一郎 71-71-74-69=285
4T 谷口拓也 71-74-70-70=285
4T 伊沢利光 73-70-67-75=285
ローアマ W.J.リー 70-72-73-73=288
       
       
       
2004 第69回大会
谷口 徹
Toru Taniguchi
初の北陸開催。
谷口が4日間首位を譲らず復活の完全優勝
10/14~17
片山津ゴルフ倶楽部・白山コース
参加人数/132名(アマ15名)
優勝 谷口 徹 68-68-75-74=285
2T D.スメイル 73-71-69-76=289
2T 伊沢利光 71-70-73-75=289
2T 葉偉志 70-77-70-72=289
5 D.チャンド 69-71-77-73=290
ローアマ 額賀辰徳 75-74-81-80=310
       
 
 
 
2003 第68回大会
深堀 圭一郎
Keiichiro Fukabori
最終日9バーディの神懸かったプレーで
深堀が逆転で日本オープン初優勝
10/16~29
日光カンツリー倶楽部
参加人数/132名(アマ19名)
優勝 深堀圭一郎 66-75-71-64=276
2 今野康晴 69-72-66-71=278
3 P.Marksaeng 74-69-69-69=281
4T B.Jones 70-71-72-69=282
4T 谷口 徹 73-72-69-68=282
4T 川岸良兼 66-72-72-72=282
ローアマ 池田勇太 69-73-73-73=288
2002 第67回大会
David Smail
デービッド・スメイル
雨の日本オープン。
スメイルが混戦を制し、初優勝を果たす
10/17~20
下関ゴルフ倶楽部
参加人数/132名(アマ14名)
優勝 D.Smail 71-66-67-67=271
2 金鐘徳 65-69-70-71=275
3T 桑原克典 68-70-71-67=276
3T 中川勝弥 70-72-67-67=276
5T 尾崎将司 68-71-72-66=277
5T 佐藤信人 62-71-72-72=277
ローアマ 宮里優作 71-72-69-70=282
2001 第66回大会
手嶋 多一
Taichi Teshima
沈着冷静なゴルフで
2位に4打差をつけて圧勝
10/11~14
東京ゴルフ倶楽部
参加人数/132名(アマ15名)
優勝 手嶋多一 68-72-67-70=277
2 米山 剛 74-72-67-68=281
3T 伊沢利光 68-73-70-71=282
3T 友利勝良 67-72-70-73=282
5 佐藤信人 66-73-73-71=283
ローアマ 宮里優作 73-70-68-74=285
       
2000 第65回大会
尾崎 直道
Naomichi Ozaki
林の猛追を許さず、
史上5人目、2連覇の栄冠に輝く
10/12~15
鷹之台カンツリー倶楽部
参加人数/138名(アマ16名)
優勝 尾崎直道 67-72-70-72=281
2 林根基 71-70-73-68=282
3 田中秀道 67-72-72-73=284
4 牧坂考作 71-71-73-70=285
5T 尾崎将司 70-73-72-71=286
5T 川原 希 67-72-73-74=286
ローアマ 藤田 大 70-79-72-78=299
1999 第64回大会
尾崎 直道
Naomichi Ozaki
北の大地、小樽。
史上最高難度のホールを制したのは尾崎直道
9/30~10/3
小樽カントリー倶楽部・新
参加人数/114名(アマ17名)
優勝 尾崎直道 68-76-76-78=298
2T 細川和彦 76-75-73-76=300
2T 湯原信光 74-73-75-78=300
4T 高見和宏 74-75-77-75=301
4T 尾崎将司 79-76-69-77=301
ローアマ 中島雅生 79-78-78-77=312
       
1998 第63回大会
田中 秀道
Hidemichi Tanaka
身長166センチの“小さな飛ばし屋”
感動の初優勝
10/1~4
大洗ゴルフ倶楽部
参加人数/114名(アマ15名)
優勝 田中秀道 72-70-72-69=283
2 尾崎直道 71-72-68-73=284
3 東  聡 75-72-70-69=286
4 谷口 徹 76-68-70-73=287
5 深堀圭一郎 76-73-68-72=289
       
       
1997 第62回大会
Craig Parry
クレイグ・パリー
豪州のパリー、力と技で圧倒
2年連続、外国人プレーヤーがタイトルを獲得
10/2~5
古賀ゴルフ・クラブ
参加人数/112名(アマ12名)
優勝 C.Parry 73-73-70-70=286
2T 尾崎将司 67-72-77-71=287
2T F.Minoza 67-74-73-73=287
2T 奥田靖己 70-72-70-75=287
5 尾崎健夫 69-71-75-73=288
ローアマ 星野英正 76-75-75-74=300
       
1996 第61回大会
Peter Teravainen
ピーター・テラベイネン
78年のバレステロス以来、
18年ぶりに外国人選手が優勝
9/26~29
茨木カンツリー倶楽部(西)
参加人数/113名(アマ14名)
優勝 P.Teravainen 71-72-71-68=282
2 F.Minoza 72-66-72-74=284
3T P.Senior 70-76-70-69=285
3T 手嶋多一 74-73-69-69=285
5T 横尾 要 73-73-72-68=286
5T 尾崎直道 72-73-70-71=286
ローアマ 国吉博一 73-77-78-76=304
1995 第60回大会
伊沢 利光
Toshimitsu Izawa
伊沢、夢に見た初勝利
メジャー獲得
9/28~10/1
霞ヶ関カンツリー倶楽部(東)
参加人数/108名(アマ14名)
優勝 伊沢利光 67-70-70-70=277
2 細川和彦 72-69-70-67=278
3 田中秀道 72-73-65-71=281
4 尾崎将司 71-71-71-70=283
5T 赤澤全彦 75-73-69-67=284
5T F.Minoza 68-73-71-72=284
5T 芹澤信雄 70-73-67-74=284
ローアマ 今野康晴 74-71-70-72=287
1994 第59回大会
尾崎 将司
Masashi Ozaki
尾崎、王座を奪回
ジャンボ健在を見せつけた
9/29~10/2
四日市カンツリー倶楽部
参加人数/106名(アマ11名)
優勝 尾崎将司 68-66-69-67=270
2T D.Ishii 70-74-69-70=283
2T 加瀬秀樹 71-67-71-74=283
4 友利勝良 74-66-73-71=284
5T C.Franco 68-74-76-67=285
5T 水巻善典 73-70-73-69=285
ローアマ 田村尚之 73-76-77-74=300
       
1993 第58回大会
奥田 靖己
Seiki Okuda
あのジャンボを迎撃
“奥田靖己”の名を知らしめる大会に
10/7~10
琵琶湖カントリー倶楽部・栗東+三上
参加人数/108名(アマ14名)
優勝 奥田靖己 69-72-71-69=281
2 尾崎将司 69-72-69-76=286
3T @ 片山晋呉 70-75-71-71=287
3T 井戸木鴻樹 73-72-70-72=287
3T 川岸良兼 73-70-71-73=287
ローアマ 片山晋呉 70-75-71-71=287
       
1992 第57回大会
尾崎 将司
Masashi Ozaki
ジャンボ尾崎、圧勝
ぶっちぎりV3達成
10/8~12
龍ケ崎カントリー倶楽部
参加人数/120名(アマ22名)
優勝 尾崎将司 64-73-71-69=277
2T B.Franklin 69-73-71-69=282
2T 倉本昌弘 71-69-71-71=282
4T 高橋勝成 69-71-72-71=283
4T 尾崎直道 72-70-69-72=283
4T 陳志忠 72-69-70-72=283
ローアマ 横田真一 75-66-74-72=287
1991 第56回大会
中島 常幸
Tsuneyuki Nakajima
2度目の大会2連覇の快挙
確固たる地位を確立
10/10~13
下関ゴルフ倶楽部
参加人数/120名(アマ22名)
優勝 中島常幸 72-74-71-73=290※
2 須貝 昇 74-70-76-70=290
3T 青木 功 75-75-72-69=291
3T 西川 哲 72-73-75-71=291
5T 尾崎将司 72-70-77-73=292
5T 牧野 裕 73-69-74-76=292
ローアマ 丸山茂樹 74-73-73-74=294
1990 第55回大会
中島 常幸
Tsuneyuki Nakajima
三連覇を目指す尾崎を制し、逆転勝利
4年ぶり3度目のタイトル制覇
10/4~7
小樽カントリー倶楽部
参加人数/131名(アマ24名)
優勝 中島常幸 68-71-73-69=281
2 尾崎将司 70-70-68-75=283
3 川岸良兼 73-70-68-74=285
4 青木 功 73-71-69-73=286
5 金井清一 72-75-69-74=290
ローアマ 中川隆弘 71-78-75-73=297
       
1989 第54回大会
尾崎 将司
Masashi Ozaki
劇的なチップインバーディで
史上4人目の2連覇、3度目の優勝
10/5~8
名古屋ゴルフ倶楽部
参加人数/132名(アマ23名)
優勝 尾崎将司 66-68-67-73=274
2 B.Jones 67-68-69-71=275
3 横山明仁 67-69-70-72=278
4T 青木 功 71-71-66-73=281
4T 上野忠美 70-70-69-72=281
ローアマ 丸山茂樹 72-74-69-75=290
       
1988 第53回大会
尾崎 将司
Masashi Ozaki
青木、中島を下し、
14年ぶり2度目のタイトル制覇
10/6~9
東京ゴルフ倶楽部
参加人数/131名(アマ24名)
優勝 尾崎将司 67-73-75-73=288
2T 中島常幸 75-68-71-75=289
2T 青木 功 74-69-73-73=289
4T D.Ishii 73-70-74-73=290
4T 友利勝良 74-70-72-74=290
4T 天野 勝 75-73-76-66=290
ローアマ 川岸良兼 74-71-79-69=293
1987 第52回大会
青木 功
Isao Aoki
執念のゴルフで
4年ぶり2度目の逆転優勝
10/8~11
有馬ロイヤルゴルフクラブ
参加人数/139名(アマ23名)
優勝 青木 功 70-68-71-70=279
2T 中島常幸 71-74-68-67=280
2T 芹澤信雄 70-72-69-69=280
4 藤木三郎 70-68-69-74=281
5 尾崎直道 70-70-72-70=282
ローアマ 伊沢利光 71-71-74-79=295
       
1986 第51回大会
中島 常幸
Tsuneyuki Nakajima
“AON”三つ巴に競り勝ち
日本人としては、50年ぶりの2連覇達成
10/9~12
戸塚カントリー倶楽部(西)
参加人数/148名(アマ26名)
優勝 中島常幸 70-73-72-69=284
2T 尾崎将司 71-71-74-69=285
2T 青木 功 74-68-72-71=285
4T 尾崎健夫 73-73-71-69=286
4T 磯村芳幸 70-72-75-69=286
ローアマ 米山 剛 76-73-77-70=296
1985 第50回大会
中島 常幸
Tsuneyuki Nakajima
遂に、念願のタイトル獲得
グランドスラム達成
10/10~13
東名古屋カントリークラブ(西)
参加人数/136名(アマ22名)
優勝 中島常幸 75-68-72-70=285
2 牧野 裕 70-72-71-74=287
3 呂良煥 74-68-74-72=288
4T 倉本昌弘 70-73-73-73=289
4T 中尾豊健 72-70-75-72=289
ローアマ 西尾久治 73-80-78-76=307
1984 第49回大会
上原 宏一
Kouichi Uehara
最終日、アウト3オーバーを叩くも
粘りのゴルフで逆転、初優勝
10/4~7
嵐山カントリークラブ
参加人数/148名(アマ22名)
優勝 上原宏一 71-68-70-74=283
2 鈴木弘一 72-74-69-70=285
3T 藤木三郎 72-67-76-72=287
3T 草壁政治 72-71-73-71=287
3T 磯崎 功 72-73-70-72=287
ローアマ 阪田哲男 71-74-73-76=294
       
1983 第48回大会
青木 功
Isao Aoki
16回目の挑戦
追いつき、追い越し、遂にタイトル奪取
9/29~10/2
六甲国際ゴルフ倶楽部
参加人数/148名(アマ20名)
優勝 青木 功 72-69-71-69=281※
2 T.Gale 69-68-70-74=281
3 中島常幸 74-71-70-71=286
4 倉本昌弘 71-78-70-68=287
5T 陳志明 70-72-74-72=288
5T 尾崎直道 72-72-70-74=288
ローアマ 木村憲明 80-71-79-75=305
 
 
 
1982 第47回大会
矢部 昭
Akira Yabe
2位に5ストローク差
プロ17年目の悲願達成
10/28~31
武蔵カントリークラブ(豊岡)
参加人数/125名(アマ21名)
優勝 矢部 昭 71-70-67-69=277
2T 尾崎直道 71-75-70-66=282
2T 羽川 豊 70-71-71-70=282
4 白浜郁夫 72-70-67-73=282
5 中島常幸 68-74-69-72=283
ローアマ 阪田哲男 75-73-73-74=295
中部銀次郎 75-73-74-73=295
       
       
       
1981 第46回大会
羽川 豊
Yutaka Hagawa
ベテラン森と激しい競り合いの末、
新鋭羽川に勝利の女神が微笑んだ
10/29~11/1
日本ラインゴルフ倶楽部(東)
参加人数/135名(アマ25名)
優勝 羽川 豊 74-69-69-68=280
2T 中島常幸 68-74-68-71=281
2T 森 憲二 70-70-69-72=281
4 B.Clumpett 71-70-71-70=282
5 倉本昌弘 74-68-71-70=283
ローアマ 加藤一彦 72-74-71-74=291
       
       
       
       
1980 第45回大会
菊地 勝司
Shoji Kikuchi
「無欲の好調」を持続
プロ生活30年目の初優勝
10/31~11/3
相模原ゴルフクラブ(東)
参加人数/146名(アマ30名)
優勝 菊地勝司 69-73-74-80=296
2T 青木 功 78-70-74-75=297
2T 吉川一雄 76-76-70-75=297
4 陳志明 76-73-73-76=298
5T 鷹巣南雄 74-77-74-74=299
5T 長谷川勝治 77-74-72-76=299
5T 鈴木規夫 72-73-76-78=299
5T 郭吉雄 73-73-73-80=299
ローアマ 阪田哲男 78-74-78-78=308
金子柱憲 77-76-78-77=308
1979 第44回大会
郭 吉 雄
Chie-Hsiung Kuo
激闘、4人のプレーオフ、
郭が初勝利をつかむ
11/1~4
日野ゴルフ倶楽部(キング)
参加人数/151名(アマ20名)
優勝 郭吉雄 71-70-70-74=285※
2T 山本善隆 73-71-67-74=285
2T 青木 功 75-73-66-71=285
2T 上原宏一 74-72-74-65=285
5T L.Hinkle 71-74-68-73=286
5T 内田 繁 71-74-69-72=286
ローアマ 羽川 豊 79-69-75-74=297
加藤一彦 77-73-73-74=297
       
       
1978 第43回大会
Severiano Ballesteros
セベ・バレステロス
G・マーシュの猛追をかわし、
史上42年ぶりの2連勝達成
11/2~5
横浜カントリークラブ(西)
参加人数/121名(アマ20名)
優勝 S.Ballesteros 68-67-71-75=281※
2 G.Marsh 75-66-73-67=281
3T 中島常幸 73-71-71-70=285
3T 許勝三 72-72-70-71=285
3T 杉原輝雄 70-70-72-73=285
3T 青木 功 69-69-73-74=285
ローアマ 金子柱憲 70-72-74-81=297
       
       
       
1977 第42回大会
Severiano Ballesteros
セベ・バレステロス
スペインの星、バレステロス
世界一の技を披露してタイトル奪取
11/17~20
習志野カントリークラブ
参加人数/121名(アマ23名)
優勝 S.Ballesteros 69-72-72-71=284
2 村上 隆 72-72-71-70=285
3 青木 功 72-76-70-68=286
4T 島田幸作 71-71-74-71=287
4T L.Nelson 74-74-69-70=287
ローアマ 竹林隆光 74-75-78-74=301
       
       
       
       
 
第78回(2013年)〜第42回(1977年)第41回(1976年)〜第1回(1927年)
ページトップ
 
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約