日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Highlight
大会ハイライト
2016年度(第49回) 日本女子オープンゴルフ選手権競技
2016年9月29日〜10月2日 烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コース 参加者数:119名 アマチュア:31名
1st Round
プロとして初出場の森田遥が3アンダーパーで単独首位に立つも3打差までに19人がひしめく混戦のスタートに
森田 遥 鈴木 愛
森田 遥 鈴木 愛
本選手権の舞台は、1975年大会以来2度目の開催となる烏山城カントリークラブ二の丸/三の丸コース。17番ホールは、打ち下ろしながら490ヤードのパー4でセッティングされ、グリーン手前にはハザードが絡む。フィニッシングホールとなる18番もフェアウェイ左サイトにグリーンまで続くハザードと2段グリーンが相俟つ本選手権屈指の難ホールが終盤に控えている。飛距離と正確性が求められる同倶楽部は、さらに起伏が激しく、72ホールを戦い抜く体力、精神力も必要な女子ゴルファー日本一を決するにふさわしい舞台に仕上がっていた。

果たして、第1ラウンドの結果は、20代の若手、ジュニア世代のアマチュアが上位を占めることとなった。3アンダーパーをマークして首位に立ったのは、20歳でプロとして本選手権初出場の森田遥。1打差には、日本女子プロ選手権覇者で22歳の鈴木愛と、28歳の笠りつ子。そして、若干15歳のアマチュア長野未祈が並み居るプロに割って入り2位タイグループに名を連ねた。2打差の5位タイには、20歳の堀琴音に加え、JGA女子ナショナルチームメンバーの佐渡山理莉、畑岡奈紗、日本女子アマチュアゴルフ選手権優勝の髙橋彩華、吉本ここねが健闘を見せた。なお、初優勝が期待されたイ・ボミは、連戦の疲れからか第1ラウンドを終えて体調不良により棄権となった。

2nd Round
堀琴音が混戦を抜け出し通算5アンダーパーで単独首位に。アマチュアの長野が1打差で追走
長野 未祈 堀 琴音
長野 未祈 堀 琴音
混戦を抜け出したのは、2打差5位タイにつけていた堀。前半で1つスコアを伸ばした堀は、14番でバーディを奪うと、最難関の上がり2ホールを連続バーディで締めてこの日ベストスコアの67をマーク。通算5アンダーパーで単独首位に躍り出た。

堀を追走するのは、アマチュアの長野。4、7番でボギーと悪い流れになりかけたものの、8番のバーディでバウンスバックを決めると、10番からの連続バーディに加え、最終18番も3メートルをねじ込んでバーディフィニッシュ。堀と1打差の単独2位で注目を集めている。さらに1打差の3位には2015年大会で優勝争いを演じた柏原明日架。さらに1打差の通算イーブンパーに申ジエ、鈴木愛、菊地絵理香、李知姫の実力者がつけている。

なお、この日カットが行われ、通算7オーバーパーの58位タイ、64人が後半のラウンド進出を決めた。13歳17日で本選手権最年少出場記録を更新した梶谷翼は、通算9オーバーパーでカットラインに2打及ばず、第3ラウンド進出の最年少記録更新はならなかった。

3rd Round
通算5アンダーパーにスコアを伸ばした長野が単独首位。史上初のアマチュア優勝に大きく前進
長野 未祈 柏原 明日架
長野 未祈 柏原 明日架
単独首位の堀と、1打差2位の長野の最終組は、息詰まる緊張感の中でのプレーとなった。前半は両者譲らずパープレーで終えると、後半にスコアが動く。先手を取ったのは、長野。10番でバーディを奪って堀に並ぶと、14番でボギー。一方の堀は15番でボギーが先行し、長野の1打リードで迎えた最終ホール。堀がティーショットを左サイドのハザードに打ち込むミスでボギーを喫したのに対し、長野がバーディを奪い通算5アンダーパーでフィニッシュ。堀に2打差をつけて史上初のアマチュア優勝に大きく前進した。

堀とともに2位タイにつけたのは昨年大会のリベンジを期す柏原。さらに1打差の4位に申ジエ。通算1アンダーパーグループには、本選手権2勝目を狙う李知姫の他、松森彩佳、服部真夕とともに、JGA女子ナショナルチームメンバーの畑岡奈紗が名を連ねている。

4th Round
最終ホールの劇的バーディで畑岡奈紗が通算4アンダーパーで史上初のアマチュア優勝を果たす
優勝者
史上初となるアマチュア優勝の畑岡奈紗
史上初のアマチュア優勝の期待がかかる首位スタートの長野は、緊張からか前日まで決まっていたパッティングに狂いが生じ、2番でボギー、6番ではダブルボギーを叩くなど前半でスコアを落とし、優勝争いから脱落。2年連続最終組でのプレーとなった柏原もダブルボギースタートと出だしで躓き、優勝争いは混戦模様となった。

2人にかわって首位に躍り出たのは、前半で2バーディを奪った堀。しかし、堀も11、12番で短い距離のパットを外して連続ボギーを叩き、足踏みすると、畑岡が10番から3連続バーディを奪取して首位に立つ。アマチュアに負けられない堀も、14番のバーディで畑岡と並ぶ。大混戦となった本選手権で勝負が決まったのは、上がり2ホールだった。難関の17番をパーで凌いだ畑岡が最終18番で下り4メートルのフックラインをねじ込んでバーディフィニッシュ。通算4アンダーパーで堀と並んで首位タイでプレーを終え、後続を待つ。

一方の堀は、17番でフェアウェイから2打目をレイアップし3打目に勝負をかけたが、このショットを寄せきれず痛恨のボギーで1打後退。最終ホールでは決めればプレーオフとなる10メートルのバーディパットを外した瞬間、畑岡が史上初となるアマチュア優勝の快挙を達成した。

17歳263日の畑岡は、本選手権史上最年少優勝記録も更新し、有終の美に華を添えた。通算2アンダーパーの3位に申ジエ、さらに1打差の4位タイに連覇を狙ったチョン・インジと下川めぐみが入賞。ここまで本選手権を牽引してきた長野は、7つスコアを落とし通算2オーバーパーの10位タイに終わった。

 
2016年度 (第49回) 日本女子オープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約