日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Highlight
大会ハイライト
2017年度(第82回) 日本オープンゴルフ選手権競技
2017年10月12日〜10月15日 岐阜関カントリー倶楽部 東コース 参加者数:120名 アマチュア:8名
1st Round
平成生まれの小平智と浅地洋佑が6アンダーパーで首位発進
小平 智 浅地 洋佑
小平 智 浅地 洋佑

曇天の中で開幕した第1ラウンド首位に立ったのは、平成生まれの小平と浅地の2人。2度目の戴冠を狙う小平は、ボギーが先行したが前半で3つスコアを伸ばすと、後半も4バーディ・1ボギーにスコアをまとめて6アンダーパーでホールアウト。一方の浅地も15 番でイーグルを決めるなど1イーグル・4バーディの完璧なプレーを見せた。2打差の3位タイにB・ケネディ、任成宰、さらに1 打差の5位タイに2014年チャンピオンの池田勇太、地元出身のアマチュア今野大喜ら6名がつけた。

2nd Round
4つスコアを伸ばした池田が通算7アンダーパーで首位を奪取
池田 勇 藤本 佳則
池田 勇太 藤本 佳則
雨模様で気温も下がった第2ラウンド、スコアが伸び悩む中、池田が見事なプレーを見せた。10番スタート、前半で2つスコアを伸ばすと、後半も3バーディ・1ボギー、4アンダーパーとし、通算7アンダーパーで単独首位に立った。3打差の2位タイに、藤本佳則、竹谷佳孝、朴相賢、浅地の4人がつけ、小平はスコアを落とし、4打差の6位タイに後退。室田淳が通算2 オーバーパーの46位タイで、自身最年長予選通過記録を更新。予選カットは、通算3オーバーパーの54位タイ、63人が後半のラウンド進出。
3rd Round
池田が大会2勝目に王手をかける。アマチュアの金谷が5打差の2位タイに浮上
池田 勇太 金谷 拓実
金谷 拓実 池田 勇太
第3ラウンド。池田の好調なプレーは続いた。1番でボギーが先行したが、前半を1アンダーパー。11番から連続バーディ、15番チップイン・イーグルで独走態勢を築いた。16、18番はボギーではあったが、3つスコアを伸ばし、通算10アンダーパーで2位以下に5打差をつけ単独首位を堅守。ムービングデーにスコアを伸ばしたのは、アマチュアの金谷。7番でイーグル、9番から4連続バーディで、1イーグル・5バーディ・2ボギーの65をマーク。順位を2位タイに上げた。同じく上平栄道、小平が2位タイにつけた。

 

4th Round
雨中の決戦を制して池田が2014年大会以来2度目の戴冠。金谷は1打差の2位でローアマチュアを獲得
優勝者とローアマチュア
優勝の池田勇太(写真右)とローアマチュアの金谷拓実(写真左)
雨の中の最終ラウンド。池田は3番ダブルボギーを喫する不穏な立ち上がり。一方、金谷は前半スコアを伸ばし1打差に詰めた。池田は11番パー4で1オンに成功しバーディを奪うも、あと一歩波に乗り切れない中、出だし3連続ボギーで優勝争いから脱落したと思われた小平が17番を終え通算7アンダーパー。スコアを伸ばしたが、18番ボギー通算6アンダーパーで3位。金谷もスコアを伸ばせず、通算7アンダーパー、単独2位で度目のローアマチュアを獲得。
池田は不調に苦しみながらも通算8アンダーパー。本選手権2度目の栄冠を手にした。

 

 
2017年度 (第82回) 日本オープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約