2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
toto
大会のみどころ 最年少と最年長で3勝目を狙う池田勇太と谷口徹

昨年の日本オープンゴルフ選手権で2度目の戴冠を果たした池田勇太。過去、本選手権で3勝以上をあげているのは、6回の最多優勝記録を持つ宮本留吉、5度優勝の尾崎将司、4勝の中嶋常幸、3回の小野光一と中村寅吉のわずか5人しかいない。日本ゴルフ界のレジェンドの名前が連なるこの偉大な記録に挑戦するのは、ディフェンディングチャンピオンの池田勇太と2004年と2007年大会を制した谷口徹の2人だ。
2017年、池田は春先から積極的にUSツアーに挑戦。成績は振るわなかったが、そこでの経験を活かし、夏から復帰した日本ツアーでは無類の強さをみせた。KBCオーガスタで2017年シーズン初勝利を飾るとANAオープンで2勝目。そして迎えた日本オープンでアマチュアの金谷拓実を振り切ってシーズン3勝で賞金ランキング4位と存在感を示した。2018年シーズンも出足は決して良くないものの、徐々に調子を上げて敬愛する尾崎将司に一歩でも近づこうと日本オープン3勝目を狙っている。それが成されれば、32歳での3勝達成は最年少記録となる。

もうひとり、レジェンドに近づこうとしているのが谷口徹だ。2012年のブリヂストンオープン以来勝ち星から見放されていたが、今年の日本プロゴルフ選手権では、藤本佳則をプレーオフの末に下して通算20勝目をあげたのも記憶にあたらしいところ。通算勝利数のうち、日本プロで3勝、日本オープンで2勝と5勝を数える大舞台への強さも持っている。今年50歳を迎え、シニア入りとなる谷口だが、類まれなショートゲームの巧みさは更に磨きがかかっている。今年の日本オープンでは史上6人目の大会3勝とともに1963年大会で戸田藤一郎が樹立した48歳の最年長優勝記録更新と最年長での3勝目に期待が高まる谷口。18番ホールで雄々しいガッツポーズを見せることができるだろうか。
復活の期待がかかる石川遼。秋吉翔太ら20代の選手に刮目

プロ転向以来、日本ツアーを盛り上げUSツアーにも挑戦を続けてきた石川遼。2017年シーズンは故障の影響もあり、惜しくもUSツアーの出場資格を逃し、今シーズンは久しぶりに日本ツアーを主戦場として復活を期している。USツアー参戦時には、石川の魅力であったドライバーショットを強振し積極的にバーディを狙う攻めのプレーが影を潜めていたが、今年は原点回帰。USツアーで不振だったドライバーショットの精度を上げるためにスウィング改造に着手。一歩ずつその成果を実感しているようだ。鮮烈なデビューを果たした石川も今年27歳。日本オープンにはアマチュア時代も含めて過去8回出場しているが、2008年から2年連続で2位となったものの、戴冠にはあと一歩届いていない。選手会長として日本男子ゴルフ界の再興にも様々なアイデアで取組む石川。自身のプレーがそれを成し遂げることだと自覚しているだろうことは想像に難しくなく、日本オープン初優勝を期待せずにはいられない。

石川遼、秋吉翔太
開催コース
横浜カントリークラブ
横浜カントリークラブ
(神奈川県横浜市)
相山武夫氏と竹村秀夫氏の設計により1960 年に開場した景観美と高い難易度を有する関東を代表するコースです。2001 年に佐藤謙太郎氏、さらに2015年にはクーア&クレンショー(米テキサス)による改修設計により、西・東コースの近代化改修を実施。全ホールをベント芝の1グリーンに変更するとともに、ティーインググラウンド、フェアウェイ、バンカーもすべて刷新し、チャンピオンシップコースとしてゴルフファンに広く知られています。
コース紹介はこちら
チケット情報
【前売券】
1冊/4枚綴り
※お一人様いずれか1日入場可
各日共通
10,000円(税込)
JGAショップで購入
交通のご案内
会場までのアクセスに関しましては、観戦案内をご確認ください。
観戦案内はこちら
 

今シーズン頭角を現した選手の筆頭は、秋吉翔太だろう。中日クラウンズで第3ラウンドに首位に立つと優勝争いを演じての4位タイと好スタートを切ると、ジャやパンメモリアルGCで開催された全米オープン最終予選をトップで通過し、自身初のメジャー出場資格を勝ち取る。直後のミズノオープンでは、「世界基準」を標榜したコースセッティングを攻略し6位タイから逆転でツアー初優勝を飾り、全米オープンに続いて全英オープンの出場も確定させた。一気に世界のメジャーに躍り出る秋吉は、殊に日本オープンとの相性も抜群だ。JGTOツアー初戦となった2011年の日本オープンでは第1ラウンドで2位スタート。昨年大会では最終ラウンドの後半で5連続バーディを奪ってみせての4位タイ。今シーズン旬な選手の一人として、秋吉の活躍にも注目したい。

石川、秋吉の他にも関西オープンでプロ3勝目をあげた時松隆光、今年USツアー15試合目で同ツアー初優勝を果たした小平智も2015年大会以来の日本オープン2勝目に期待がかかる。
時松隆光、小平智
新たな姿を披露する横浜カントリークラブで今年のナショナルチャンピオンが決まる

1978年大会以来2度目の日本オープン開催を迎える横浜カントリークラブ。1960年に相山武夫氏と竹村秀夫氏の原設計により開場した同コースでは、2012年に日本女子オープンの舞台にもなった。それ以降、世界的に名声を集めているクーア&クレンショーの手によりコース改修を実施。東、西の2コースと両コースをコンポジットしたトーナメントコースが設計された。本年の日本オープンは、新たな姿を披露するこのトーナメントコースで行われる。アベレージゴルファーがゴルフを楽しめ、トッププロが挑戦意欲を掻き立てるクーア&クレンショーの設計の妙をゴルフファンも楽しみにしてもらいたい。

ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約