JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2007年度 JGA主催オープン競技
大会のみどころはこちら
Championship Reports
競技報告
【内藤、大久保、秋吉の3人が1打差の2位タイに】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
内藤慶
秋吉翔太
単独首位の石川遼に1打遅れて2アンダーパー69をマークしたのは、内藤慶(鹿島学園高1年)、大久保太朗(佐野日大高3年)、秋吉翔太(樟南高2年)の3人。好スタートに三者三様の心模様があった。

内藤は、5バーディー・3ボギーでホールアウト。パットの調子が悪く、ボギーは3パット1回と1メートルのパーパットを外した結果。昨日の練習ラウンドでパターを変えたのが、裏目に出たが、本部門初出場で堂々の好スタートを切った。「ショットは良かったんですが、パットが…。もったいないゴルフですね。でも、ボギーを打ったから、バーディーが獲れたのかも知れません。調子は、凄く良いので、明日も今日の感じでプレーできたら…」無欲のプレーで、上位進出を目論む。

10番ホールスタートの大久保は、ショットが不安定ながらも15番で残り140ヤードの2打目を9番アイアンで2.5メートルにつけてバーディーが先行。17番では60ヤードの2打目をサンドウェッジで1メートルにつけてスコアを伸ばす。18番でこの日唯一のボギーを叩いたが、6番で1.5メートルを沈めて、3バーディー・1ボギー。パーをセーブした14ホールは、「100点満点」というアプローチの冴えによるもの。「今日のラウンドは、ピンチだらけだったけれど、耐えに耐えて…。耐えたゴルフに神様がプレゼントのバーディーをくれた感じです」とはにかむ。大久保にとって、会場の東コースは、日本ジュニアに初出場した中学3年生の時に、第1ラウンドで単独首位に立ち、3位の好成績を残した、ゲンの良い場所。「今年は日本ジュニア最後の年なので、絶対に勝ちたい」相性の良い東コースで、日本ジュニア初優勝を目指す。

秋吉は、東コースに良い思い出がない。「中学2年生の時に出場した日本ジュニアが東コースでのプレー。その時は86くらい打って…」という悪いイメージが頭に残っていた。「こんなに良いスコアが出るなんて」本人も思いもよらない好スタートに驚きの表情を隠せなかった。この日のラウンドは、7バーディー・3ボギー・1ダブルボギー。出入りの激しいゴルフながら、好調なパッティングが奏効した。10番スタートの秋吉は、12番でボギーが先行する。「先にボギーを打ちましたが、このコースは、どんなに調子が良くてもボギーが出るので、仕方ない」と気持ちを切り替え、前半は1アンダーパー。後半は1、3番でバーディーを奪い、このままスコアを伸ばすかと思われたが、4番でダブルボギーを叩いたのが痛かった。「7バーディーは、自分でも凄いと思います。バーディーはたくさん獲れるのですが、ボギーも叩いてしまう点が自分の欠点だと思います。ほんのちょっとしたミスなんですが」と今日のプレーには、100%納得いくものではなかったらしい。「目標は、優勝です。欲を出さずに、自分の全力のプレーが出せるようにしたい。悔いの残らないプレーが出来れば…」その先に、ジュニアゴルファー日本一の座が待っている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約