2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【メディア・デーを開催】
大会前 競技報告:JGA    写真:JGA
2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権の開幕を1ヵ月後に控えた9月16日、会場の狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県)にディフェンディングチャンピオンの青木功選手を迎え、メディア・デーを開催した。メディア・デーには40人の報道関係者が出席。6度目の優勝の期待がかかる青木プロが、大会に賭ける意気込みを語った。

「連覇のチャンスがあるのは自分だけ。自分が世界で一番強いと思っている。50歳のシニアルーキーと戦うには、そう思ってトレーニングをしないといけない。今年も自分が勝つと思っている」青木は、連覇に向けて、強い自信を見せた。温和な笑顔だが、鋭い視線は本気を感じさせる。「いま、自分は理想
の体重より2キロぐらい重い。昨年、シニアオープンに優勝できて、怠けてしまったから。自分の怠慢だと思うし、そのせいで今年の成績は納得できるものではない。でも、これは自分の責任。いまベスト体重に向けてトレーニングを続けている。あと1ヶ月。自分が納得できるトレーニングで、理想の体重にして、ピークを本選にもっていきたい」と、昨年の逆転優勝を再び再現するつもりだ。
会場の狭山ゴルフ・クラブには、35年ぶりに訪れた。「当時のコースの面影はまったく無い。昔のクラブハウスの様子や当時の思い出はあるけれど、ホールで思い出したのは7番の1ホールだけ。自分にとっては、珍しいこと」と、首を傾げるが、「でも、そういうコースで18回大会が開催されるのは、新鮮な気持ちで臨める」と、意に返さない。
昨年は、最終ラウンドにエージシュートの65をマークして、逆転で5度目のシニアオープン優勝を果たした青木。「今年も4日間で1度はエージシュートを達成したい。今日、ハーフで31も出たし、いい勝負が出来る実感も得た。でも、本選ではグリーンも速くなるだろうし、ラフも伸びるだろう」と警戒心を強めると、野村大会競技委員長から、大会のグリーンコンディションの説明の際、「スティンプメーターが10フィート?レギュラーツアーと変わらないじゃないか」と驚きの表情。「これから、もっと難しくなるだろうけれど、JGAのセッティングを征服したい」と語る。会見は終始、青木のウィットに富んだコメントで笑いが絶えなかったが、青木の眼光の鋭さは、衰えを知らない勝負へのこだわりを感じさせ、大会最多優勝記録更新を期待させるものだった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約