2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
中嶋常幸は通算15アンダーパー、4日間首位を譲ることなく完全優勝を飾った。2位に6打の大差でスタートした中嶋は2バーディー・2ボギー72と手堅くまとめ6打差を守り2年ぶり3度目のタイトルを手にした。日... 詳細はこちら

【中嶋、メジャー18勝は一人舞台】
大会2年ぶり3度目の優勝。アマの最高峰日本アマチュアはじめ日本オープン、日本プロなど日本と名のつくメジャー8冠の中嶋が、通算18勝目をこともなげに手に入れた。6打差のリードを守り切っての大差の優勝は、... 詳細はこちら
【3年連続の2位、室田淳】
尾崎建夫とのペアリングで、攻撃的プレーを展開した室田がまたしても2位。それも3年連続で、中嶋常幸に2回、青木功に1回負けての2位となる巡り合わせ。しかし、過去2回のランナースアップが1打差なら、今回の... 詳細はこちら
【米シニア・ツアー挑戦のジャンプ台となった! 3位タイの湯原信光】
名手・ベン・ホーガンがそうだったように、優れたショット・メーカーの“アキレスの腱”がパットにあることはよく知られる。“ゴルフでグリーン上のパットだけは別のゲーム”とゴルフ諺にあるくらいだから。湯原信光... 詳細はこちら
【ベストスコア66,3位の海老原清治】
海老原清治が7バーディー・1ボギーの66、ベストスコア9位から3位と元気なところを見せた。59歳。02年の欧州シニアツアーの賞金王、03年には米チャンピオンツアーにも年間通して挑戦と経験豊富なベテラン... 詳細はこちら
【4年前のリベンジ! ローアマチュア獲得の山浦正継】
16名が出場したアマチュア選手で、予選2ラウンドを終えて、決勝ラウンドに進出したのはわずか3名。6オーバーパー37位タイの山浦正継(志摩シーサイドCC)を筆頭に、7オーバーパー43位タイの中辻厚雄(泉... 詳細はこちら
【2連覇ならず、青木 功】
66歳、青木注目の最終日はエージシュートに4打足りない2アンダーパー70だった。昨年大会の最終日、65歳で65のエージシュートで10年ぶりの優勝を飾った青木だったが、期待された今回はついにエージシュー... 詳細はこちら
第4ラウンド 最終組スタート
2008年度 第18回 日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最終ラウンド。11時40分に通算15アンダーで首位を走る中嶋常幸と6打差で追う湯原信光の最終組がティオフした。

小雨の埼玉県・狭山ゴル...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
中嶋常幸はボギーなしの5バーディー67、通算15アンダーパーとスコアを伸ばしタイトル奪還に大きく近づいた。中島は3日連続のベストスコアで2位の湯原信光に6打の大差をつけ2年ぶり3度目のタイトルに“王手... 詳細はこちら

【完全優勝へ着々、中嶋】
圧倒的な強さだ。中嶋は完ぺきなゴルフでボギーなしの5バーディー、通算15アンダーパーと大きくスコアを伸ばした。1番ホール・パー5を5番ウッドで2オン、2番ホールは9番アイアンのショットを20センチにつ... 詳細はこちら
【湯原、マイペース】
湯原は「切れそうで切れないグリーンから切れなさそうで切れるグリーンへ。読みづらく感覚の狂いが出やすいグリーンに苦しんだ」と反省も表情はあかるかった。ショット好調、体調がいいのだ。

来週、米チャン...
詳細はこちら
【中尾は6アンダーで3位タイ浮上】
前日の上がり3ホールを連続ボギーとして、4アンダーパーの68ペースだったゴルフを71で終えた中尾豊健は「快調なプレーのペースで来たのに、最後の3ホールで前の組に追いついて、こっちのペースが狂ってしまっ... 詳細はこちら
【羽川豊は気持ちを切り替え最終ラウンドへ】
羽川は、3バーディー・2ボギーの71、トータル6アンダーパーでこの日を終えてみると、「トミーはマイナス15か! ブッチギリの雰囲気で、どうしようもないね。本当は僕がもっと伸ばさなければいけなかった。少... 詳細はこちら
【感動のラウンド! 憧れの青木とプレーした古市忠夫】
‘95年、阪神淡路大震災で家屋を失い、その2年後に59歳でプロ入りした“大器晩成型の個性派プロ”で知られる古市忠夫プロがこの日、“世界のアオキ”とラウンドして、大観衆の喝采を浴びた。

「もう昔か...
詳細はこちら
中嶋常幸と湯原信光の最終組がスタート
日本シニアオープン第3ラウンド、首位の中嶋常幸と4打差の2位タイにつけた湯原信光の最終組がスタートした。
最終組の一組前の第29組には、湯原と同じく2位タイの陳志明と5打差の羽川豊。

第3ラウ...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
中嶋常幸が5バーディー・1ボギーのベストスコアタイの68、通算スコアをただ一人10アンダーパーに伸ばし首位独走。中嶋は2日連続のベストスコア。2位には湯原信光が台湾の陳志明と並んで4打差で続き、5打差... 詳細はこちら

【中嶋常幸 10アンダーパー、ただ一人2けたアンダー】
2年ぶり3度目優勝に向け中嶋が順調にスコアを伸ばした。
雨の強くなった後半組スタート、1番ホールいきなりオーケーバーディーの好スタート、13番ホールでは13メートル、下りのフックラインが入った。
...
詳細はこちら
【米シニア・ツアー挑戦の湯原信光】
初日、2アンダーパー70の7位で発進した湯原信光が5バーディー・1ボギーの68、トータル6アンダーパーとして2位タイに浮上した。イン・スタートした最終9番ホール(446ヤード・パー4)でのバーディーが... 詳細はこちら
【羽川豊、5位へ浮上】
プロ入りは1980年、羽川も5アンダーパー、同期の湯原にわずか1打遅れの4位と負けていない。
10番ホールからのスタートの12番ホール、アウトコースに入った1番ホールとパー5を確実にバーディー。5番...
詳細はこちら
【過去2年の屈辱を!室田淳】
1番ホールのパー5を仕留めて3アンダーパーにした室田淳はその後の12ホールはパーを積み重ねるだけで、我慢の連続。本人に言わせれば「パットが思うように打てない。もしやイップスか?」と、試合後に感想を漏ら... 詳細はこちら
【イーブンパーで14位タイの大町昭義】
今大会がシニア・デビュー戦となる大町昭義が74・70=144のイーブン・パーで14位タイとなって、明日からの決勝にコマを進めた。羽川豊とは1歳年下で、この日の同じペアリングでラウンド。「なんとか羽川さ... 詳細はこちら
【青木功 あと36ホールある、わからないさ】
青木功はスタートの10番ホールでバーディーと好スタート、一時イーブンパーまで戻したが、最終ホールの9番ホールでグリーン奥からボギーで1オーバーパー19位。

「自分のゴルフをしないとだめだね、もう...
詳細はこちら
第2ラウンド 前半スタート組終了 陳志明、湯原信光が-6
雨の中のラウンドとなった第2ラウンド。前半スタート組がホールアウトした。
前半組の中では、前日4アンダーパー 2位タイの陳志明、同じく前日2アンダーパー 7位タイの湯原信光がトータル6アンダーパーで...
詳細はこちら
第2ラウンドスタート
2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技は24日、埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで第2ラウンドがスタートした。
第1ラウンド単独首位の中嶋常幸は第23組で11時21分 1番ホールより...
詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2年ぶり3度目のタイトルに向かって中嶋常幸が、トップスタート。シニア日本一を決める第18回日本シニアオープンゴルフ選手権は23日、埼玉県・入間市の狭山ゴルフ・クラブで開幕、第1ラウンドを行い中嶋が6バ... 詳細はこちら

【中嶋常幸、ボギーなし66の好スタート】
中嶋はインスタートの12,13番ホールの連続バーディーで波に乗った。
12番ホール・パー5はセカンドショットをサブグリーンまで運び、アプローチは7メートルを残したが、パットを決めた。続く13番ホール...
詳細はこちら
【シニアデビューの水巻善典は、3アンダーパーの4位タイ】
デビュー戦は中嶋、ボブ・キャメロンと同じ組。トップの中嶋には4打差、水をあけられたが、キャメロンは2打おさえる3アンダーパーの69と上々のデビュー戦初日を飾った。「シニアの皆さん、ゆるんでいますね」と... 詳細はこちら
【2回目のローアマ候補・神戸誠】
昨年の日本シニア選手権2位の資格で本大会に出場した神戸誠(大田双葉CC)選手がイーブン・パー72でホールアウト、プロに混じって16位タイと快調な滑り出しを見せた。
しかし、本人にしてみれば最終9番ホ...
詳細はこちら
【英国からの参戦で、好発進のN・ジョブ、B・キャメロン】
JGA特別承認枠で参加の英国シニア・ツアープロの二人がそろって好スコアをマーク、上機嫌でラウンドを終えた。欧州ツアーからシニア・ツアー入りして10年目、59歳のニック・ジョブは4バーディー・2ボギーの... 詳細はこちら
前半スタート組 ラウンド終了 中嶋常幸が-6で首位
曇り空の中の第1ラウンド。
前半スタートの部では、中嶋常幸が6バーディー・ノーボギーの66で首位、3打差の3アンダーパーに三好隆、水巻善則が続いている。
後半スタート組では、2連覇・6度目の優勝を...
詳細はこちら
日本シニアオープン開幕
第18回日本シニアオープンゴルフ選手権競技が埼玉県・入間市の狭山ゴルフ・クラブで開幕した。本日からの4日間、アマチュア16名を含む108名のトップシニアプレーヤーが「シニアゴルファー日本一」のタイトル... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技が、埼玉県・入間市の狭山ゴルフ・クラブで開幕する。第1ラウンドを明日に控えた22日、出場選手は最後の練習ラウンドを行い、入念にコースチェックを... 詳細はこちら

第1・第2ラウンド組合せ・スタート時刻が決定
第18回日本シニアオープンゴルフ選手権競技の第1・第2ラウンドの組合せ・スタート時刻が決まりました。

第1ラウンドの組合せ・スタート時刻はこちらから。
第2ラウンドの組合せ・スタート時刻は...
詳細はこちら
【メディア・デーを開催】
2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権の開幕を1ヵ月後に控えた9月16日、会場の狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県)にディフェンディングチャンピオンの青木功選手を迎え、メディア・デーを開催した... 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約