2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【2回目のローアマ候補・神戸誠】
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
昨年の日本シニア選手権2位の資格で本大会に出場した神戸誠(大田双葉CC)選手がイーブン・パー72でホールアウト、プロに混じって16位タイと快調な滑り出しを見せた。
しかし、本人にしてみれば最終9番ホール(インコース・スタート)のダブル・ボギーが口惜しいらしく、「最後のダブル・ボギーがなければ100点満点のゴルフだったのに・・・」と唇を噛んだ。7、8番ホールで連続バーディー、2アンダーパーで来ていた直後の不覚だったからである。
シニア・アマ界のベテラン選手、’02年の我孫子大会でローアマチュアに輝く実績があるだけに、“ツメ”を欠いたラウンドになったことが信じられない思いなのだろう。
「4回
やった練習ラウンドで高橋勝成プロに受けたアドバイスが効いて、ショット絶好調で試合に入りました。低い球筋を求めているうちに,ボール位置が2個分ほどスタンスの中寄りになっていたのを指摘されたのです。でも、今日は気合いが入りすぎて、ショットが左へ行く。それを避けると右へ曲がる。だから林の中ばかりで、まさに今日はスクランブルゴルフでした」
それでも、昨年のローアマチュア・鵜木伸久(ブリチストンCC)がこの日、2オーバーパーの74、35位タイと出遅れたので、神戸選手の一歩リードは明日からのプレーに弾みがつきそうなムードである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約