2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【中嶋常幸 10アンダーパー、ただ一人2けたアンダー】
第2日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
2年ぶり3度目優勝に向け中嶋が順調にスコアを伸ばした。
雨の強くなった後半組スタート、1番ホールいきなりオーケーバーディーの好スタート、13番ホールでは13メートル、下りのフックラインが入った。

10番ホール、ティーショットを3番ウッドで打ち、右林、バンカーと渡り歩き2日間ではじめてボギーをたたいたが、12番ホール・2メートル、15番ホール・1メートル、17番ホール・80センチとバーディーを上乗せした。12番ホールはパー5、15番ホールはパー3、17番ホールはパー4と次々と変わるホール設定をものともせず、バーディーを重ねるゴルフはほとんど雨中のプレー、完璧な出来だった。2位に4打差、3
度目の優勝に向かっていいペース。「いや、わかんないよ」自らを戒めるように言った。「勝てる時には勝てる。でも負ける時には負ける、それがゴルフです」

01年から抱える背中の痛みは、いまだ引きづっている。9月のANAオープンで痛めた右手首の腱の不安はなくなったが、前週の日本オープンで練習ラウンドも含め5ラウンド半も回った疲労は、気がかりとなって体の隅々に居座っている。
「優勝スコア?15から20アンダーパーに置く。高い目標だが、プロ生活を通し目標設定を高く置く、ずっとこのポリシーでやってきている」と目元をひきしめたが、「とは言っても、結構開き直ってやっている。野となれ山となれとね。試合になって準備しても遅いしね」と笑顔をのぞかせた。

レギュラーツアー59勝の永久シード選手。シニアは今大会2勝、日本プロシニアと合わせて3勝。勝つ味を十分知ったベテランが勝ちパターンに入った余裕がのぞいた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約