2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【米シニア・ツアー挑戦の湯原信光】
第2日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
初日、2アンダーパー70の7位で発進した湯原信光が5バーディー・1ボギーの68、トータル6アンダーパーとして2位タイに浮上した。イン・スタートした最終9番ホール(446ヤード・パー4)でのバーディーがこの日のハイライト。予選2ラウンドでの平均ストロークが4.542と18ホール中の最難関ホール。湯原は第2打を5番アイアンで3メートルにつけ、ねじ込んだのだった。

「このコースは昔から好きなコース。最近、同輩の友達と遊びに来て、老後にはここでプレーを愉しみたい!と意見が一致したほど。快適にプレー出来るし、攻めるルートがいろいろあって年齢に関係なく愉しめるからです」とコースを絶賛した。

の試合後、湯原は昔からの夢を実現するため、米シニア・ツアーの地区予選に出場のため、米国カリフォルニア州に向かう予定とか。それに通れば、11月18日からの“チャンピオン・ツアー・ナショナル・クォリファイ・トーナメント”(TPCイーグル・トレイス、フロリダ州)へ出場、上位通過して来季のシニア・ツアーに本格参戦することになる。日大ゴルフ部の先輩、倉本昌弘の選んだ道を辿ることになるのだ。

「昨年も米国行きを考えましたが、日本シニアオープンと日程が近過ぎたので諦め、今年こそと決めました。40歳代からシニア入りまでの10年間、ヘルニアなど自分の身体と格闘しましたが、なんとか体調管理してシニア入りに漕ぎつけました。それは、米シニアツアーへ行きたいという大きな夢と目標があったからだと思います」

日本シニアオープンという大きなタイトルに挑む姿勢にパワーが漲って見えるのは、その先にもっと大きな目標があるからに違いない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約