2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【羽川豊、5位へ浮上】
第2日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
プロ入りは1980年、羽川も5アンダーパー、同期の湯原にわずか1打遅れの4位と負けていない。
10番ホールからのスタートの12番ホール、アウトコースに入った1番ホールとパー5を確実にバーディー。5番ホールでは8メートル、7番ホール・5メートルと長尺パターが冴え6アンダーパー。しかし、この日の最終ホールの9番ホール、セカンドショットをグリーン手前の池に入れ、ボギーと最後でつまずいた。「9番ホールは昨日も水切りショットでボギーと大嫌い」と屈託がなかった。

前週は福岡・古賀GCの日本オープンでNHKの解説を務め難コースが脳裏に焼き付き“後遺症”があるという。「ラフに入れたくない、グリーンは堅
くて止まらないというイメージがあり実際にショットに影響している」と言った。

「シニアオープンはメジャーだし、タイトルを取りたい」ときっぱり。1979年の日本オープンでローアマチュア、プロ入りした80年の日本オープンは優勝としっかり実績を作り上げ、当然、シニアの日本一にもこだわりがあった。

「レギュラーツアーを8年間休み、今季シニアデビューし7戦目、長いブランクがあったが、よくここまできた。優勝にこだわってあと2日、がんばりたい」80年の日本オープンはプロ初出場、初優勝。今回も勝てば初出場で初優勝の偉業達成だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約