2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【過去2年の屈辱を!室田淳】
第2日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
1番ホールのパー5を仕留めて3アンダーパーにした室田淳はその後の12ホールはパーを積み重ねるだけで、我慢の連続。本人に言わせれば「パットが思うように打てない。もしやイップスか?」と、試合後に感想を漏らすほどイライラ感を募らせたらしい。その結果、14番ホールでボギーにして、この日のスタート時点、2アンダーパーの振り出しに戻る。しかし、2年連続のシニア・ツアー賞金王の意地とプライドか、17番でバーディーを獲ると、最終18番ホールで一気に爆発した。「ドライバー・ショットがヒール気味で、第2打の残り距離が253ヤード。3番ウッドでピン手前5メートルに2オン。思いっ切りスライス・ラインと読んで打つと、真ん中から入ってくれた!」とイーグル・フィニッシュによる5アンダーパー、前日の7位から4位タイへと順位を上げたのである。

この大会では過去2回、1打差の2位(桑名大会、優勝・中嶋常幸、くまもと中央大会、優勝・青木功)に泣いている室田としてはなんとか念願のビッグ・タイトルに手をかけたいところ。今季のシニア・ツアー成績でも10位以内が3試合あるものの優勝はなく、賞金レースではただ今7位。ただし、前々週の富士フィルム・シニアでは長尺パターを駆使して2位タイだったゲンをかつぐためか、「明日は長尺パターに換えて、電気が走るような痺れ感をなんとかしたい」と中嶋常幸との5打差に挑む、意欲を見せた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約