2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【感動のラウンド! 憧れの青木とプレーした古市忠夫】
第3日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
‘95年、阪神淡路大震災で家屋を失い、その2年後に59歳でプロ入りした“大器晩成型の個性派プロ”で知られる古市忠夫プロがこの日、“世界のアオキ”とラウンドして、大観衆の喝采を浴びた。

「もう昔からの“憧れの人”、“雲の上の存在”青木さんと一緒にプレー出来たなんて、今日は感動・感謝・合掌!の心境でした。スタートして無我夢中でプレーしていると、時の経つのも忘れ、気がつけばもう8番ホールに来ている!と自分が驚いていました。自分がショットした後は、あの切れ味ある青木さんのショットを観戦しているのですから、プレーヤーなのにギャラリーになった気分。だから、今日の77というスコアは別にして、大満足です」と試合直後に話す際には、声まで上ずっていた。大きな声で“感動と興奮”という言葉を連発するのだから。

こんな神様の絶妙な演出は古市が前日の第2ラウンドで、「69」の好スコアを叩き出し、トータル1オーバーパーで青木と同スコアになったお陰だった。4オーバーパーでインコース10番ホールからスタートした古市は「まずは予選通過をめざす」はずだったが、12ホールを終えた時点で4バーディー。トータルをイーブンパーにすると、「目標がエージ・シュートに変わってしまった」と告白した。4アンダーパー・68なら、昭和15年9月生まれで68歳の古市にとって“公式戦初のエージ・シュート達成”になるのだ。「その途端、4番ホールの第2打をグリーン奥のバンカーに突っ込み、ボギーですよ」と、1打の差で夢の実現を取り逃がしたのだ。「プライベートなラウンドでは7回ほど達成していますが、試合ではあと一歩を何回も逃がしています。そんな私が昨年の最終日の逆転優勝エージ・シュートの青木さんと回ったのですから、感動するのも無理ない話しです」と素直に喜ぶ。

インタビュー中に通りかかった青木プロが「この試合の最高齢プロの古市さんがブービー・メーカーなら、俺はブービーなんだな?」と年齢の順番をゴルフの成績に重ねてあわせて、冗談を言って笑った。「自分より3歳年上の人とプレー出来るなんて、ゴルフならではのこと。俺のエージ・シュート? もう一度くらい出したいけれど、このコースではそう簡単に出させてくれない。もっとショットとパットの噛み合わせが良くないと・・・」とこの日、73でトータル2オーバーパーは18位タイだけに、表情は冴えなかった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約