2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
優勝は中嶋常幸 通算-15  2年ぶり3度目
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
中嶋常幸は通算15アンダーパー、4日間首位を譲ることなく完全優勝を飾った。2位に6打の大差でスタートした中嶋は2バーディー・2ボギー72と手堅くまとめ6打差を守り2年ぶり3度目のタイトルを手にした。日本プロシニアと合わせシニア通算4勝はすべてメジャーを獲得した。室田淳がこの日68の通算9アンダーパーで5位から3年連続となる2位に食い込んだ。

逆転を狙った湯原信光は73とスコアを落とし8アンダーパーで3位、この日ベストスコア66の海老原清治も3位に上がった。7アンダーパーの5位は尾崎健夫、6アンダーパーの6位には羽川豊中尾豊健がつけた。

2連覇を狙った青木功は通算イーブンパーの12位、賞金レーストップで3試合連続優勝を目指した渡辺司は2オーバーパーの17位だった。

ローアマチュアは56歳の山浦正継が9オーバーパー、42位で初めて獲得した。

《第4ラウンド選手インタビューと表彰式の模様(動画)はこちら
《大会フォトギャラリーは
こちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約