2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【中嶋、メジャー18勝は一人舞台】
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
中嶋と湯原
ボランティアから祝福
大会2年ぶり3度目の優勝。アマの最高峰日本アマチュアはじめ日本オープン、日本プロなど日本と名のつくメジャー8冠の中嶋が、通算18勝目をこともなげに手に入れた。6打差のリードを守り切っての大差の優勝は、誰の目にも楽勝と映った。しかし、中島は「とんでもない」と全力で戦った18ホールを振り返った。「大差のゴルフ、守りのゴルフが一番難しい。6打なんて3つのボギーと3つのバーディーで差がなくなる。夕べなど悪い思いばかりが思い起こされて朝までいやだった」

1番ホール・パー5で湯原がバーディーで5打差、以後こう着状態、9番ホールはボギーとボギー、11番ホールも湯原がボギーとしたあと3パットと調子を合せ
ていた。「16番ホールまで7打差」と決めて粘るゴルフを心がけたという。12番ホール、初バーディーが来る。85ヤードの第3打目、もっとも得意なサンドウエッジのショットが1メートルにつくバーディーで14アンダーパー。14番ホール・3番ウッドでフェアウエーに運び9番アイアンを1メートル半につけるバーディーと調子に乗った。スタート時の15アンダーパー、その時点で7打差がついたとき中嶋は「勝利を確信した」のだった。

「いい勝ち方だね。大差のときは前を向く。接戦では自分のゴルフに徹する」長いキャリアの中で身につけた“戦陣訓”を貫けた、と胸を張った。接戦ではメリハリをつけ攻めのゴルフをしなければならないが、今回のような大差リードこそ前向きが必要という。前日、20アンダーパーを目標にしたのはスコアを求めて前を向いたゴルフをしたい、そんな思惑だったが、「きちんとできたね」読みもたしかだが、実行力もさすがだった。

シニアになって4勝すべて公式戦。メジャーに強い中嶋の真骨頂ガぞんぶんに出た一人舞台だった。「ムキになれる。好きだね」オープン競技のタフさ、ナショナルオープンの重さが自然と闘争心、我慢や挑戦、パワーとなるのだという。「前週の日本オープン(福岡・古賀)で拷問のような難ホールで苦しんだ。背中は痛いしそういう中でやれたのは、経験だよ」54歳は自信を上乗せしちょっぴり自慢して見せた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約