2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【米シニア・ツアー挑戦のジャンプ台となった! 3位タイの湯原信光】
第4日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
名手・ベン・ホーガンがそうだったように、優れたショット・メーカーの“アキレスの腱”がパットにあることはよく知られる。“ゴルフでグリーン上のパットだけは別のゲーム”とゴルフ諺にあるくらいだから。湯原信光にもそうした“アキレス腱”あることは昔からファンも感知するところで、彼がここ一番のショート・パットのアドレスに入るとグリーン周囲のギャラリーが固唾を飲む雰囲気が生まれる。“もしや外すのでは?”と懐疑心が生まれるのだろう。この日も最終18番ホール。ここまで1オーバーパーでラウンドした湯原が1.5メートルにつけ、このバーディ・パットが入れば2位タイになるところで、やはりそんなムードと静寂がグリーンを包んだ。「強めに打つとカップの脇を抜けそうで、打ち切れませんでした」と、ラウンド直後の表情がまだ紅潮していた。結局、このホールはパーで、この日は1オーバーパー73の3位タイ。

「今日もパットのラインを読み切れず、不安を抱えながらのパットだから、思うようなタッチを出せませんでした。切れそうで切れない、切れないと思うと切れる・・・この連続でパットする前から半信半疑なのです。でも昨日までの3ラウンドは納得行くショット・パットが出来たので、その良いイメージを持って、米シニア・ツアーへ挑戦します」と胸を張った。永年闘った身体の故障も回復傾向にあり、このゲームでは体調も良く、ショットも切れ味鋭かったことを心の糧に、学生時代からの夢だった米国でのツアー活動に向けて跳躍する気分に弾みがついたのだろう。来週以降の米シニア・ツアーからの朗報が待たれる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約