2008年度(第18回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本シニアオープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【4年前のリベンジ! ローアマチュア獲得の山浦正継】
第4日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
山浦正継
16名が出場したアマチュア選手で、予選2ラウンドを終えて、決勝ラウンドに進出したのはわずか3名。6オーバーパー37位タイの山浦正継(志摩シーサイドCC)を筆頭に、7オーバーパー43位タイの中辻厚雄(泉ヶ丘CC)と第3ラウンドで79とスコアを崩して9オーバーパー51位タイの白井敏夫(総武CC)の3選手だった。もし、今年60歳になる白井が2度目の予選通過で今大会のローアマを獲得すると、大会史上2番目の年長記録となるところだったが、最終ラウンドで79を叩いて一気に後退、15オーバーパー303ストローク、54位タイで終えた。

こうなると、シニアとはいえ若い選手に期待が集まるものだが、3選手中、最
中辻厚雄
年少の中辻選手は結局、トータル11オーバーパー、299ストロークで48位タイに終わる。

そこで気を吐いたのが残る山浦選手だった。アウトコースで2バーディー・1ボギーの1アンダーパー、トータル5オーバーパーでインコースへ折り返したのだ。しかし、ゴルフの内容は一転して苦しい展開。それでもなんとか3ボギーに抑え75、トータル297ストローク、9オーバーパー42位タイでフィニッシュ、念願のローアマに輝いたのだ。昨年、ここ狭山GCで行われた日本シニア選手権3位で出場しただけに、同じフィールドでの達成を喜ぶのも無理はないだろう。

「前半は良かったのに、8番の短いアプローチを失敗してボギーにしたのが悔やまれた。後半に苦しいプレーを強いられたのはそのせい。残り9ホールの時点で、他の選手と3打差以上あるのを知ったこともあって、少しだけ気が緩みました。でも、念願のローアマを獲得出来たので、来年、地元の九州で行う日本アマ選手権(若松GC)に出られるのが嬉しい」と、大学生など若い選手と争う日本アマにもまだ意欲を見せる。

‘04年の今大会(茨城GC東)で、途中までローアマ獲得街道を走っていながら、土壇場で阪田哲男選手に逆転された苦い想い出があるだけに、晴れてリベンジを果たしたことになる。地元、福岡への帰路も楽しい旅になることだろう。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約