JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
2014年度(第68回)日本学生ゴルフ選手権競技
ROUND│4 更新 08/29 16:31
POS Player   Score Today Hole Rounds Total
R1 R2 R3 R4
1 小西 奨太 大阪学院大学 3年 -11 +2 F 67 67 69 74 277
2 小西 健太 東北福祉大学 2年 -8 -3 F 72 70 69 69 280
比嘉 一貴 東北福祉大学 1年 -8 -1 F 70 68 71 71 280
松原 大輔 日本大学 2年 -8 +5 F 66 69 68 77 280
5 芦沢 宗臣 同志社大学 2年 -6 ±0 F 73 68 69 72 282
フルリーダーボード
第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
2014年度(第68回)日本学生ゴルフ選手権競技は29日、岐阜県のスプリングフィールドゴルフクラブで最終ラウンドを行った。

通算13アンダーパーで首位タイに並んでスタートした小西奨太(大阪学院大...
詳細はこちら

【初の日本タイトルを獲得した小西奨太は安どの表情】
小西奨太(大阪学院大学 3年)が2バーディ・4ボギーの2オーバーパー74とスコアを落としながらも、通算11アンダーパーで2位タイグループに3打差をつけて優勝した。

「すごくうれしい。自分のプレー...
詳細はこちら
【比嘉一貴は一時、1打差まで詰め寄るも2位タイに終わる】
比嘉一貴(東北福祉大学1年)は、首位と6打差でスタートし、「攻めるしかない」と2番から3連続バーディと攻撃的なゴルフを序盤、展開した。7番では首位を走る小西奨太がボギーを叩き、この時点で1打差までに詰... 詳細はこちら
【パー5のボギーを悔やむ松原】
通算13アンダーパーの首位タイで最終ラウンドをスタートした松原大輔(日本大学2年)。優勝を意識して臨んだこの日のプレーは、前日までのショットの切れは影をひそめ、松原が言う「自分らしいプレー」は全く見ら... 詳細はこちら
【世界アマ代表の小西も2位タイフィニッシュ】
来月に軽井沢72ゴルフ東(入山/押立)で開催される世界アマチュアゴルフチーム選手権を日本代表として戦う小西健太(東北福祉大学2年)。世界アマ前の最後の試合となる日本学生ゴルフ選手権では、最終ラウンドに... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2014年度(第68回)日本学生ゴルフ選手権競技は28日、岐阜県のスプリングフィールドゴルフクラブで第3ラウンドを行った。優勝争いを有利に進めるため、上位選手はスコアを伸ばしたいこの日。1打差2位につ... 詳細はこちら

【松原は初優勝に向け「最後までしっかりとプレーしたい」】
第1ラウンドで首位に立っていた松原大輔(日本大学2年)が第3ラウンドを終えて再びリーダーズボードの一番上に名前を上げた。

1打差2位でスタートしたこの日、スタートの1番はティーショットが右に出る...
詳細はこちら
【小西奨太が最終ホールのチップインバーディで首位タイをキープ】
小西奨太(大阪学院大学3年)は、日本学生の最終組でのプレーに「初めてのことで緊張した」と前半はボギーが先行する苦しい展開となった。アウトは2バーディ・3ボギーの1オーバーパー37。「ホールロケーション... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2014年度(第68回)日本学生ゴルフ選手権競技は27日、岐阜県のスプリングフィールドゴルフクラブで第2ラウンドを行った。スタートから絶好のコンディションとなったこの日は各選手ともスコアを伸ばしてきた... 詳細はこちら

【小西奨太が連日の自己ベストスコアをマーク】
前日、自己ベストスコアの67をマークした小西奨太(大阪学院大学 3年)が、この日も5バーディ・ノーボギーの5アンダーパー67で回り、通算10アンダーパーで単独首位に立った。

10番ホールからスタ...
詳細はこちら
【松原が敗戦から学んだこととは】
今年の日本アマチュアゴルフ選手権競技のメダリスト、松原大輔(日本大学 2年)がその1回戦敗退から学んだことを活かして、日本学生のタイトルに挑む。

10番ホールスタートの松原は、前半で3バーディを...
詳細はこちら
【比嘉一貴の誤算】
比嘉一貴(東北福祉大学 1年)は、この日も前日に続き、グリーン上で苦労した。グリーンの複雑な傾斜を読みきれない。自分のタッチとグリーンの傾斜をうまくあわせることができなかった。

前日ホールアウト...
詳細はこちら
【スウィング改造中の古田幸希が4位浮上】
古田幸希(東北福祉大学 4年)は、現在取り組んでいるスウィング改造の最中で、その「課題をやりきれてなく、しっくりとこない」中、6バーディ・1ボギーの5アンダーパー67をマークし、通算4アンダーパーの4... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2014年度(第68回)日本学生ゴルフ選手権競技は26日、岐阜県のスプリングフィールドゴルフクラブで第1ラウンドを行った。スタート直後から降り出した雨も10時過ぎには止み、午後からは晩夏の暑さが戻った... 詳細はこちら

【松原は好スタートも「明日はリセットして」と慎重】
昨年大会2位タイの松原大輔(日本大学2年)が6バーディ・ノーボギーの完璧なプレーで単独首位に立った。雨脚が強くなり始めた8時50分に1番をティーオフした松原は4番までは雨の影響もありパープレー。この日... 詳細はこちら
【自己ベストスコアを更新した小西奨太が2位に】
小西奨太(大阪学院大学 3年)が6バーディ・1ボギーの5アンダーパー67をマークし、首位と1打差の2位につけた。練習ラウンドで飛距離が出ない彼には、このコースは「グリーンを外しても、アプローチ、パター... 詳細はこちら
【-4で3位タイにつけた原田凌と浜谷尚人】
午前中の強雨と、午後からの酷暑。さらにはロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニアの手による国内屈指の難コースとして知られるスプリングフィールドゴルフクラブ。出場選手の多くが攻略に苦しめられる中、原田凌... 詳細はこちら
【最後のチャンスに賭ける山岡成稔が3打差5位につける】
山岡成稔(日本大学4年)は、この日4バーディ・1ボギーの69。3アンダーパーで首位の松原に3打差の5位と好スタートを切った。山岡も松原同様雨脚が強くなり始めた時間に1番ホールをティーオフ。雨の影響から... 詳細はこちら
【比嘉一貴と長田真矩らが-2の6位タイ】
この日、各選手とも口にしたのがホールロケーションが難しかったことだった。比嘉一貴(東北福祉大学 1年)は、「ラインの読みが甘く、つかめなかった」とグリーン上で苦労した。「フェアウェイをキープできて、バ... 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約