2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【後半の5バーディで暫定3位タイにつけた申ジエ】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe/JGA
本選手権の直前に、申ジエは、クラブセットをごっそりと換えた。理由は、どうやら2つ。ひとつは気分転換。そして、もうひとつは「いままで使っていたアイアンは、ラフに入ると、ちょっと飛びすぎる」からである。それに合わせて、パターまで換えてしまったのである。「マレット型を使っていたのですが、ピンタイプのものにしました。キャメロンのピンタイプのパターは、ジュニア時代以来だと思います」と語る。パターを換えたことで、インパクトの音色もいいし、ボールが伸びてくれるのだという。ともすればショートめになりがちの申ジエのパッティングの打ち方には、絶好の伸びだという。
日本語は、メキメキ上手になった。ときおり通訳を介
することがあるけれど、それは、丁寧語になおされる程度なのだ。ゴルフの丁寧さと同じに、申ジエの日本語も、いい加減さのないように記者たちの質問に答えていた。

10番からのスタート。降雨の悪天候で、6時45分のトップスタートが、1時間遅延し、さらに45分の遅延。そして1時間の遅延と、2時間45分遅れのスタートだった。9時57分スタートの申ジエも、当然遅くなった。「早朝から来て、長い時間スタートできなかったので、最初は身体のコンディションもよくなく、12番(パー3)でいきなりボギーでした。9メートルを1メートルほどオーバーして、返しも入らずに3パットのボギー。でも、それで逆に集中でしました」と言う。
スタート3ホール目のパンチを喰らって目覚めたということなのだろう。前半をイーブンパーで折り返して、後半、1番(パー5)で残り95ヤードを1メートルにつけてバーディ。申ジエのエンジンは、ようやく滑らかに加速していった。4、5、6番と連続バーディ。
「ショットは、ちょっと当たりが薄かったのですが、6番ホールのバーディから気持ちいいほどのショットが打てるようになりました」

日本女子オープンのタイトルは、当然、申ジエも欲しい。昨年の3位が過去ベストである。
「今日は、雨がたくさん降ってグリーンも柔らかく、よく止まってくれましたから、ピンをデッドに攻める場面も多かったですが、これが天気になって乾いてくれば、デッドに狙えなくなるし難しいと思います。別のコースだと思わないといけません」と、5アンダーパーの好スコアでも決して油断していない。

でも、とりあえず5アンダーパースタートで、ホッとしたでしょう?と、聞くと「いやいや、ホッとしたらだめです。この集中やショット、ゴルフのいい感じが途切れてしまいますからね」と締めくくった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約