2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【暫定2位の柏原明日架は「毎年、自分の力はついている」】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
「朝、雨が降っていたので、グリーンも柔らかったですし、球も止まりやすいコンディションだったので、ピンが振ってあるところでも、キャリーで狙っていけたので、それが今日のスコアに結びついていると思います。でも、ボギーがなかったのは本当に良かったと思います」と語るのは、柏原明日架だ。10番からスタートで、いきなりバーディ。そして13、17番とバーディを奪って、後半に折り返しても、3、7、9番でバーディ。特に、最終ホールとなった9番のバーディは、明日からの試合の流れを考慮すれば値千金だっただろう。
「ティーショットをバンカー手前のフェアウェイ真ん中。セカンドは残り140ヤードを8番アイアンでピンの右横
6メートルにつけてのバーディでした。(18ホールで)ほとんどピンチもなく、流れもよく、(同組の)誰か一人がバーディを獲ったら次は誰かとか、それがよかったですね」と明るい表情で語った。

同組には、アマチュアの西村優菜、そして菊地絵理香だった。バーディ数だけ合算すれば、確かに、柏原が、6個。西村が3個。そして菊池が5個と計14バーディとなっている。そういうテンポの良さが相乗してのラウンドだったのだという。

日本女子オープンは、柏原さんにとって因縁の試合で……と、記者が切り出すと「因縁ねぇ」と笑い返した。たしかに、一昨年、昨年と優勝戦線の渦の中にいて、優勝チャンスが十分あった。残念ながら、最終ラウンドにスコアを伸ばせずにタイトルを逃している。
「いや、正直、日本女子オープンだからというの(こだわり)は、あんまり考えてなくて、毎週、その1試合でも早く勝ちたい気持ちが、毎週毎週強くなっていますし、それが今週はメジャーでというタイミングもあると思うけど、メジャーだから、勝ちたいというよりも、いや、もちろん勝ちたいですけど、ともかく1勝したいですね」と言った。

柏原は、自分に過度の期待をしてしまうという。期待というか目標設定が高いのである。それに早く追いつきたいという焦る気持ちもあるのだろう。「でも、自己分析すれば、毎年、間違いなく自分の力はついてきていると思っています」と、密かな自信を伺わせた。マスコミ風に言えば、念願のタイトル、を、狙って欲しい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約