2017年度(第50回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【果報は寝て待て―のキム ハヌルは暫定13位タイ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
賞金女王争いでトップに立つキム ハヌルは、3バーディ・ノーボギーの静かな滑り出しだった。10番からのスタートで12、15番をバーディにした後、11ホール続けてのパーで、キムにとっての最終ホールを迎えた。最後は3メートルの距離を沈めて第1ラウンドを締めくくった。
雨でスタート時間が遅れた。予定されていたスタート時間(午前7時36分)に合わせてコース入りしたものの、雨で練習グリーンもドライビングレンジも使えない。キムの姿は、駐車場の車の中にあった。
「みなさん、同じ条件だから、気になりませんでした。ええ、車の中で寝ていました」。

予定より2時間30分遅れでスタートすると、3アンダーパーの
69をマークした。スコアは静かな滑り出しに見えても、プレーの内容は、かなりアップダウンの激しいものだった。「惜しいバーディパットが沢山あった。そのかわり、ピンチをしのぐパーパットも沢山あった。際どいパーパットは、全部決まってくれました」。
最大のピンチは7番(パー4)だった。パーオンできず、3オンでパーパットは7メートルの距離があった。これを決めてのパーセーブであった。「だから、1日を均して考えれば、落ち着くべきところに落ち着いたスコアだったと思います。内容はアップダウンがきつかったけど、結果的には心に波風が起こることはありませんでした。今日は、ゆっくり寝て休んで、明日に備えたいと思います」。

キムは、ここ数週間、体調を整えることを最優先にしている。救急車で病院に搬送されたのがマンシングウェアレディース東海クラシックのプロアマ戦でのこと。キムは、そのまま本戦の欠場も余儀なくされた。片頭痛によるめまいと、脱水症状が原因だった。日本女子オープンは、それ以来の試合ということになる。睡眠こそが最良の薬。キムは、体調整備で4日間を乗り切るつもりでいるようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約